エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 大会上位デッキ考察 前
考察・感想 > 大会上位デッキ考察 前

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

大会上位デッキ考察 前

ここのところ都合上時間が取れずに更新が遅れてしまう事が多く申し訳無い気持ちであります。

最近大規模の大会が各地で行われ,その結果が続々と発表されております。
今回はその中で気になったものを紹介させていただきます。
URL先は遊戯王☆カード検索さんのデッキ詳細です。






第2回本州最西端チャンピオンシップ ベスト8 参加者数:97名
ソバットさん/【忍者ヴェルズラビット】
http://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=52778
《アレキサンドライドラゴン》と《ヴェルズ・ヘリオロープ》が採用されています。
《レスキューラビット》《忍法 超変化の術》からリクルートし,エクシーズ。
《エフェクト・ヴェーラー》がメインから3枚積まれていて,兎以外は全て光・闇属性であり能動的にデッキから特殊召喚することができる為,《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》は手札で腐りにくくなります。
《禁じられた聖槍》2枚の他に《侵略の汎発感染》も入っています。
効果対象のヴェルズは《ヴェルズ・ヘリオロープ》のみですが,《レスキューラビット》が引ければ即《ヴェルズ・オピオン》を召喚し効果でサーチすることで耐性を持たせることができます。

目立つのは一枚だけ投入されているカードです。
《フォトン・スラッシャー》は光属性として開闢のコストとなり,素材指定のある《H-C エクスカリバー》《セイクリッド・オメガ》や3体の星4を要求する《ヴェルズ・ウロボロス》《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》の召喚を容易にします。
《増援》からサーチできるのもポイントです。
他にも《サイクロン》《激流葬》《サンダー・ブレイク》《連鎖除外》がピンで投入されています。
より動きやすくする為の最適化を研究した一つの結果がこの組み合わせなのでしょう。
サイドデッキには3枚用意された《次元幽閉》や2枚の《魔導戦士 ブレイカー》などが。

開闢の記事で書いたものとほぼ同コンセプトのデッキが結果を残し,少々驚いています。
噂ではHANZOの値段が下がり気味らしいので【忍者】を作るなら今が好機なのかもしれませんね。


レジェンドチャンピオンシップ2012 ベスト16  参加者数:243名
Niwatoriさん/【マスクHERO】
http://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=52531
《ヒーローアライブ》からHEROをリクルート後のエクシーズ,《マスク・チェンジ》《ミラクル・フュージョン》から融合HEROを特殊召喚と切り札への多くの道筋があります。
相手モンスターを根こそぎにする《E・HERO アブソルートZero》,相手の魔法罠ゾーンをズタズタにする《M・HERO アシッド》のコンビはとても凶悪で,《H-C エクスカリバー》からの《ミラクル・フュージョン》で相当のダメージも期待できる為,火力も高いです。

除去妨害のカードの他に《E-エマージェンシーコール》《戦士の生還》が3枚入っているので,除去ビートダウンとしても戦えるのも良いですね。
《E・HERO オーシャン》の単体採用も面白いです。
しかし《E・HERO バブルマン》が3枚投入される時代が到来するとは。
サイドデッキでは【甲虫装機】メタの《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》等基本を押さえつつもHERO系デッキでは中々珍しい《王宮のお触れ》の存在に惹かれました。

【マスクHERO】がこれほどの規模の大会で結果を残すのは初めてだと思うのですが,どうだったか今一記憶に自信が持てません。
環境に上手く合わせてきていますね。


レジェンドチャンピオンシップ2012 ベスト32 参加者数:243名
サンマさん/【スクラップ】
http://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=52522
スゴイです。
愛は勝つ。


レジェンドチャンピオンシップ2012 ベスト51 参加者数:243名
ふにふにさん/【ラビットメタビート】
http://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=52492
このタイプの【レスキューラビット】も珍しいです。
鉄板の《レスキューラビット》と《セイバーザウルス》の組み合わせに《ジェネティック・ワーウルフ》を加えることで《王虎ワンフー》と《幻獣の角》のサポートが共有できます。
《王虎ワンフー》と《カードカー・D》《レスキューラビット》の共生を図るには相当の腕が必要になると思われます。
世界大会で《王虎ワンフー》で相手のガジェットをメタりつつ,《王虎ワンフー》を避けつつ自分はガジェットを展開していったプレイングを思い出しますね。
サイドには《ヴェルズ・ヘリオロープ》や《次元幽閉》の他に《異次元への隙間》なんてやや渋めのチョイスも。

これは【メタビート】が結果を残したと考えて良いのでしょうか。

睡魔に敗北したため後編に続きます
関連記事
スポンサーサイト
たなぼたww

omD2d0c5
臨時収入、大量ゲットだぜぃえぃえぃwww
はーこれでギャンブルの負け分チャラだわwww
http://meV7s51H.py.py4ii.net/meV7s51H/

2012.05.11 08:16 モノ #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。