エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > HEROの伏せ破り
考察・感想 > HEROの伏せ破り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

HEROの伏せ破り

皆さんは今の環境,セットされたカードに対しどのように行動しているのでしょう。
HEROには伏せなど効かぬの一点張りで困っております。




セットされた神の警告や奈落の落とし穴等の妨害カードをまともに食らってしまうと,次のターンにそのままワンショットキルあるいは完全に場を制圧されてしまう恐ろしい環境です。
ということは裏を返せば伏せカードを上手く処理できればこちらが優位に立てるという風にも。
そもそも,今の時代よくセットされるカードは何でしょうか。
《神の宣告》
《神の警告》
《奈落の落とし穴》
《激流葬》
《サンダー・ブレイク》
《強制脱出装置》
《禁じられた聖槍》
《禁じられた聖杯》
《月の書》
などだと思います。
それにデッキによって《デモンズ・チェーン》《リビングデッドの呼び声》等必要なカードが加わる感じです。
大体3枚以上伏せがあったりすると,まず自由に動かせてはもらえないだろうなと推測してしまったりします。
そこで《大嵐》が思った通りに手札に来ることは中々無く,どうしようか悩むわけであります。
運良く引けていたとしても《スターライト・ロード》がある事もあるあるです。

相手のセットカードがむしろありがたいデッキも存在するにはするのですけれど。
《ラヴァル炎湖畔の淑女》で簡単に除去ができ,そこからコンボに繋げていける【ラヴァル】。
《暗黒界の雷》で破壊しつつ手札の暗黒界を捨てられる上に《暗黒界の龍神 グラファ》でも除去ができる【暗黒界】。
ラヴァルでは《封印の黄金櫃》で《大嵐》サーチも可能です。
暗黒界では上記中は奈落以外が《暗黒界の龍神 グラファ》に対しあまり有効ではないのも強みですね。自己再生。

やはり広いデッキで採用されるのが《サイクロン》です。
昔からエンドサイクという言葉があるほど使用率が高く,制限カードに指定された経験をもつほどの汎用性。
それが今では3枚投入も許されるようになりました。
それにもかかわらず,不採用のデッキも多く見られることに時代の流れを感じますね。
などと,ノスタルジーに浸っていたところに,新カード《ナイト・ショット》と共に魔法罠の単体除去6枚体制の【HERO】系デッキが数多く結果を残すようになって驚いております。
このようになったのは《機甲忍者ブレード・ハート》の登場が大きいのでしょう。
1800+1800+2200×2で8000に到達できるようになりました。
《H-C エクスカリバー》含め戦士全般の強化のはずですが。忍者も。不死武士も。
そして《ヒーローアライブ》を用いた【アライブHERO】の台頭により,益々,伏せさえなければ8000なぞ塵に同じ高速化が進むのでした。
使われてみると《E・HERO エアーマン》の効果解決時に指定の数まで破壊対象を選択し破壊するっていうのも狡い位に強いのです。

たまに話題になるのが“《ナイト・ショット》って強いと思う?”ですが,私的な意見としては,まあ,強いです。
ただし“《サイクロン》よりも《ナイト・ショット》の方が強い?”と尋ねられるとすぐには答え難いのです。
どちらにも利点はありますからね。
突き詰めてどちらか選択を迫られるとしたら,私的には《サイクロン》推しです。
確かにフリーチェーンを使わせないまま破壊できるのは強いのですが,別のカードをチェーンされてしまうと発動されてしまうのです。
《ヴェルズ・サンダーバード》がいる場というのはそこまで珍しいシーンではありませんよね。
永続魔法・永続罠を破壊できないというのも苦しいです。
HEROなら《デモンズ・チェーン》はそこまで怖くないという理論なのかもしれませんけれども。
実際には困る局面も多々ありそうなのですがねえ。


とまで書いて最終的に何を書こうとしていたのかを忘れました。
よってオチもまとめも無いです。 ではでは
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。