エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > ―(ダッシュ)①
カード考察 > ―(ダッシュ)①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

―(ダッシュ)①

相手のモンスターのコントロールを奪うカードが好きです。

  




コントロール奪取といえば心変わりと強奪ですが,時代は流れ,洗脳-ブレインコントロールすら使えません。
強すぎるので禁止カードになるのは仕方ないです。

それでもまだまだモンスターのコントロールを変更するカードが存在します。
この辺を遊戯王カードWikiさんで調べてみると
・相手モンスターを奪う→コントロール奪取
・互いのモンスターを入れ替える→コントロール交換
・自分のモンスターを相手に送りつける→コントロール転移

という風に分類されていました。

コントロール変更系のカードは強いモンスターを展開するだけの力押しのデュエルではなく,トリッキーでテクニカルに動けるのでマンネリになりにくいです。
いや,力押しごり押しも楽しいですけれども。
三幻神,三邪神,三幻魔,三極神などなど。
その場に即した選択を考えるのもカードゲームの醍醐味だと思うのです。

以下,コントロール奪取・交換の効果を持つモンスターの紹介になります。


パペット・プラント
手札から捨てて特定の種族のモンスターをエンドフェイズまで奪えます。
基本的にはサイドデッキから投入されますね。
奪ったモンスターの行動に何も制限がかからないのは嬉しいところ。
メインから使っていくにはアンデッドワールド,アイヴィ・シャックル,DNA改造手術などとの併用が必要そうです。

憑依するブラッド・ソウル
強烈な全体コントロール奪取。
のはずなのですが。
甲虫装機など奪えるモンスターの範囲は広いのですが,自分のターンが回ってくるころには恐らくはシンクロ素材かエクシーズユニットになっているので,使える機会はそれほど多くないかもしれません。
ダーク・フュージョンで魔人 ダーク・バルターを出したいです。

インフォーマー・スパイダー
ナチュル・フライトフライ
レプティレス・バイパー
どれも条件がありますが相手モンスターを奪える下級モンスターです。
上三体はどれもテーマシリーズのカードですね。
エーリアンのようなコントロール奪取に重きを置くテーマではないですが,各テーマデッキに入れておくことでデッキに柔軟性をもたせられます。

幻惑のラフレシア
X・E・N・O
ブレイン・ジャッカー
リバース効果で奪うタイプです。
リバースは今の時代発動までが一苦労。
デーモン・テイマードラゴン・ライダーは更に難しいでしょうね。

マジシャンズ・エイプ
面白そうだと思ったのですが。
自身が特殊召喚できない点と表示形式の変更ができない点がかなり痛いです。
そして妙にレアなのもなんだかなあ,です。

惑星からの物体A
イラストがエーリアンっぽいですが遊戯王的にはエーリアンではないです。
SF的な括りとしてはエーリアンとして扱えるのですかね。
宇宙生物という広い定義に放っておきます。
発動条件は厳しめですが永久奪取は強いはず。
和睦の使者とバトルマニアのコンボは決まると非常に痛快です。
こんなタイトルの映画を観てから水を見るたびに不安な気持ちになった時期がありました。
仄暗い水の底からとの2連コンボですっかり水恐怖症に。
狂犬病みたいでした。

エーリアン・ヒュプノ
実質エーリアンデッキの下級エースは間違いなくこのカードだと思います。
デュアル効果の為,発動までが遅いですがその効果は凶悪です。
回数制限無しな辺り中々ぶっ飛んでます。
奪ったモンスターのAカウンターが尽きた時にも返還するのではなく破壊する非道っぷり。
水属性で爬虫類族でレベル4のデュアルのエーリアンと悪巧みできそうなステータスも武器です。
毒蛇の供物,デュアルスパーク,水霊術-「葵」が発動できる上にエーリアンサポートも受けられます。
竜影魚レイ・ブロントはコストで輝いてばかりなのに,こちらは効果も強いなんて。
やはり遅さが気になるところではあります。
その為に【エーリアン】にスーペルヴィス入れる気にはなりませんし。

・霊使い
使って,使われて満足。
それが大事です。
人が使っているカードにとやかく言うべきではありません。

王座の侵略者
ダミー・ゴーレム
こちらは自身と相手モンスターを入れ替える種類です。
どちらもリバース効果,それも戦闘破壊されてしまうと使えないので扱いは難しいです。

ガスタの疾風 リーズ
サイコジャンパー
上に同じ入れ替え系です。
リバースではないため使いやすいです。
リーズはガスタ・グリフ,サイコジャンパーは緊急テレポートとどちらもデッキからの特殊召喚の手段があるのが強み。
コストが難点ですが,ガスタもサイキックも送りつける価値のあるモンスターは多く,採用も考えられます。



A・O・J エネミー・キャッチャー
アドバンス召喚時に裏守備表示モンスターを奪えます。
エンドフェイズまでなのがどうも手が出しにくい理由です。
上を見習って別に返さなくても良いじゃないですか。

ミュータント・ハイブレイン
自身の攻撃の代わりに相手モンスターのコントロールを得て攻撃できます。
奪える期間がバトルフェイズ中だけなのが使いにくいです。
また効果の発動には攻撃力の低さを露呈させる必要があり,防御策は必須。
使うならばその低いステータスや種族を利用して特殊召喚を狙うことになります。

地獄の傀儡魔人
エクシーズしてほしいのはわかるのですが使いやすさ的にブラッドソウルに軍配。

地縛神 Uru
地縛神の蜘蛛さんです。
攻守ともに優秀で闇属性昆虫族であるので特殊召喚へのサポートも多く使いやすいです。
スパイダー・エッグも優秀で,攻撃を止めつつ三体の生贄を用意でき次のターンの召喚と効果の発動を狙えます。
エッグから出てくるトークンには特に使用制限が無いので他の神との共存も可能。
Uruで奪ったモンスターをリリースして次の神につなげられたなら格好良いと思います。

ダーク・ネクロフィア
原作オカルトデッキの切り札。
墓地の悪魔族3体除外は地味に面倒で,装備状態のこのカードが破壊されるとコントロールが戻ってしまうのも残念です。
強奪までにタイムラグがあることが稀に有効に働いたりもします。
使用するなら除外帰還ギミックとともに。

トラゴエディア
戦闘ダメージを受けた際に手札から特殊召喚でき,多彩な効果を持つ便利カードです。
ゴーズといいバトルフェーダーといい手札誘発の悪魔は優秀ですね。
奪う際に捨てたモンスターのレベルをコピーすることでエクシーズ召喚もできます。
トラゴエディアでトラゴエディアを奪うことができれば墓地のモンスターのレベルと同じランクかランク10のエクシーズ召喚が狙えます。

大邪神 レシェフDM8 破滅の大邪神のラスボスさん。
ゲームはおもしろかった記憶があるような無いような。
手札の魔法カードが1ターンに一度心変わりになります。
奪ったモンスターを儀式の生贄にしたいです。
裏側表示のモンスターも奪えます。

レアル・ジェネクス・クロキシアン
【ジェネクス帝】の有名人。
バードマンが出てから使いやすくなりました。
対象をとる効果ではないのでオベリスクも奪えます。
一時期甲虫装機にも入っていたりしましたね。
トリシューラが去ってからは見かけません。
バードマンがシンクロデッキよりもゼンマイハンデスに入れられることの方が多いからでしょうか。

ヴェルズ・バハムート
大会でも時々活躍しているエクシーズ。
手札でだぶついたヘリオロープが永続奪取になるのは強力です。
サンダーバードを素材にするべきか迷うことも。

No.34 電算機獣テラ・バイト
みんなだいすきてら・ばいとさん。
なんとゆいいつのいらすとちがいがそんざいするえくしーずです。
とってもどうでもいいですね。
反転世界を使われると地味に厄介。
他のランク3が活躍する中でこの子が喝采を浴びる日は来るのでしょうか。

No.11 ビッグ・アイ
星7二体は意外に色んなデッキで揃います。
かなり使いやすい効果でステータスもそこそこ高く,2回目の効果の発動も狙えます。
ショックルーラーが人気で本がバカ売れしているので,その陰でこのカードも結構な数出回っているはずです。
安価なわりに強力なんて最高ですね。
【ガガガ】でも出しやすいです。
【フォートレスロイド】の救世主です。

ヴェルズ・コッペリアル
ヴェルズ化したレアル・ジェネクス・クロキシアン。
アブソルートZeroのような非常に緩い発動条件で相手のモンスターを奪取できます。
相手ターン中に除去された場合でも次の自分ターンの終わりまで返さなくてよいので煮るなり焼くなり好きにできます。
2400ラインを突破できる攻撃力も魅力です。

マジマジ☆マジシャンギャル
誰?
強力な効果を持ちながらも素材縛りがなかなか厳しく,使用される機会は少ないです。
ソーサラーやガガガマジシャンに頼ることになりそうです。
ガガガリベンジでガガガガール特殊召喚からの地獄の暴走召喚に成功すれば出しやすいですね。
どちらかというと相手の墓地から蘇生の方が強い気もします。



モンスターはこのくらいですかね。
結構な数がいて驚きです。
忘れているものもいるかも。
続きでは魔法罠についてです。




関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。