エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > メタビートあれこれ
デッキ > メタビートあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

メタビートあれこれ

そこそこ長くOCGを楽しませてもらってますが,【メタビート】(以下メタビ)は常に崩さずに手元に置いておきます。
他人に使うことはそうそう無いですけれどね。
嫌がられますから。

メタビほど環境に左右されるデッキもまた無いわけです。
むしろ自分から環境に合わせ変化していく感じで。
自分の組んできたメタビを思い返すと,同時にその期間流行ったデッキも浮かび上がってきたりします。

以下
そんな感じでメタビあれこれ。
ただし,ここで書き散らしているのは純メタビ的なものについてです。
メタデッキとして括ると膨大な数になりますので。





Q.メタビって?
A.ああ!
A.環境に存在する主流デッキを徹底的に対策したデッキ。(遊戯王カードWiki【メタビート】のページより)


環境を支配するデッキを倒す事のみに特化したデッキとも言えますね。
その為コレ!と決まった形が無いデッキでもあります。
デッキによって刺さるカードは随分と違ってきます。
一番環境に対しミーハー(死語?)なデッキです。
流行の真逆を行く!と書けば格好良いのですが……。
それってハネクリボー?ただただ主流デッキを使わないと意地を張っているのでは……。
まあそういう人の為のデッキでもあります。


Q.どうやって勝つのか?
A.妨害して,その間に攻撃します。ビートダウン。


相手のデッキの主力となるカード・コンボをメタにより潰すことで,相手のデッキを機能しない状態にします。
その隙に高めの攻撃力をもつモンスターで攻撃し,相手のライフポイントを0にします。
よって相手のことを何よりも意識した結果,ことごとく相手の妨害をし続け,嫌がられることになります。
強いデッキだから徹底的に対策するのであってリスペクトしているとも言えるはずなのですが。
嫌がられ,嫌われます。


Q.何故勝てるのか?
A.相手のカードを腐らせる(=使用不能にする)ことでそれをアドバンテージとします。


環境の主流となるデッキには一枚で多くの相手のカードを除去したり大量にドローしたりする事が出来る強力なカードやコンボが存在します。一部例外を除いて。
それにより自分と相手のカードやライフの差を大きくしていきます。
アドバンテージを得る事が勝利に結びついていくわけです。

ところがメタビには一枚で多くのカードを一気に破壊したり出来るカードは少ないです。
(無いという訳ではないです。ブラックホールやパキケファロなど。)
ならばどうして勝つことが出来るのかといいますと,それが上に書いた通り,相手のカードを腐らせる事によりアドバンテージを得る事が出来るからです。
メタビでは相手のコンボを封殺する効果を持つカード,メタカードが多く投入されています。
モンスターならライオウや王虎ワンフー,閃光の追放者など。
魔法・罠ならネクロバレー,王宮の弾圧,スキルドレイン,マクロコスモスなど。

これらのメタカードは相手のカードに対し大きな影響を与えることが可能です。
その影響により相手の手札にはプレイすることが出来ずにいるカードが出てきます。
例として,王虎ワンフーが相手の場にいる時,手札の攻撃力1400以下のモンスターは,セットする意味または手札から捨てる意味のあるものでなければただ壁としてセットするか手札に残すことしか出来なくなります。
この状況,【甲虫装機】ではセンチピード以外は大体腐りますね。
この状態のカードは“手札で腐っているカード”といえます。
このような状態のカードは腐らせている原因のメタカードを場から取り除くまで有効に使用することが出来ない為,メタカードが存在する限りは,腐らせること=アドバンテージをとること,として扱えるわけです。

これが破壊やドローによる大きなアドバンテージが無くとも勝つことが出来る理由です。


Q.本当に大会で勝てるのか?
A.大会の規模,種類にもよりますが十分可能だと思います。



現在までメタビで結構な数の公認・非公認大会に参加してきましたが,優勝経験は実はそこまで多くありません。
多分ギリギリ2桁いったかどうかくらいです。
しかし,三位より上になることはかなり多いです。
決して弱い立場のデッキではないと思います。

自分の使用してきた感じではですが,大会で戦うデッキが環境主流デッキであればあるほど勝ちやすいです。
逆にコンセプトが不明なデッキやその環境で滅多に見ないデッキと戦うことになると勝ちにくいです。
地雷デッキにとことん弱いです。
メタが通用しません。
ですから,環境を一種類のデッキが席巻している場合が狙い目です。
規模の大きな大会だと地雷デッキとの遭遇率も上がり勝ち進みにくくなります。
優勝賞品がある非公認大会などでは環境主流デッキの使用率が上がり勝ち進みやすかったと記憶しています。



ぐだぐだと書いてきましたが,書きたかった事が書けたような書けなかったような。
とにかく,メタビートは環境を理解するためにも自分のデッキの弱点を把握するためにも便利です。
フリーデュエルでは使いにくいですが,許可をとってからなら。
意外と自慢のデッキでメタビと勝負がしてみたいという人は多いものです。
自分なりの個性が出やすい面白いデッキでもあるので組んでみても良いのではないでしょうか。

遊戯王カードWiki【メタビート】のページ
http://yugioh-wiki.net/index.php?%A1%DA%A5%E1%A5%BF%A5%D3%A1%BC%A5%C8%A1%DB
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。