エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 近頃流行りの赤い奴ら
考察・感想 > 近頃流行りの赤い奴ら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

近頃流行りの赤い奴ら

最近,大きな大会でラヴァル系統のデッキが結果を残しているようです。
やっぱりデッキから二枚はまずいでしょう。侍女で一気に落ちていきますし。
対策はあれこれ浮かぶのですが,TG代行へのメタで精一杯なんですよね。
そこを突いての大会上位なのだと思います。

ラヴァル考察&ラヴァル対策。
恐らく大して役には立ちません。

さて,私の友人にもラヴァル使いがおります。
炎熱伝導場が出る前から使っていたのと,出てから作ったのが一人ずつです。

出る前から作っていた方は,あえて構築をあまり変えてないようですが,後から作った方の友人は色々な型を試しているようです。
一般的なラヴァルのほか,チェーンラヴァルの型なども試していました。
次元で即終了かと思えば,キャノンで黒薔薇ぶっぱしてからのワンキルが多いらしく,淑女の効果もあって,案外妨害はされにくいようです。回ったところを見ると確かに地獄絵図ですね。クェーサー嫌い。

デュエルしたことはないのですが,使っている方の目線と対戦相手の目線で数回ずつ見てるので,大体のことは分かったと思います。

・伏せよりもライオウなどのメタモンスターの方が辛い
淑女で除去できないためだと思われます。フレムベルのわんこかランスロットくらいじゃなければ戦闘では潰せませんし。クリスティアに至ってはブラックホールくらいしか能動的に場からどけられるカードは無いようです。

・動き出しはそこまで早くない
イメージとしてはインフェか魔轟神位のスピードでキルされる感じでしたが,どうもそこまででは無いよう。
真炎の爆発という直サーチ不能のカードをキーカードにしているからでしょうか。櫃採用型でも2ターンの猶予があるわけです。
もちろん,初手が良いときは後行ワンキルに動き出すときもありましたが。

・事故のときはしっかり事故る
特にチェーンラヴァルの時に目立ちました。
対戦相手のプレイングが上手かったのも理由の一つかもしれません。
ある程度チェーン系のデッキに対する対応の知識意識があるとずいぶん違うようです。

・守りは脆い
デッキの守備力はあまりありません。トラゴ,ゴーズは入ってましたが,伏せを除去されて一気に攻めて来られるとそのまま押し切られることもしばしば。
ショックルーラーでモンスター効果を止められるのも辛いようです(これだと逆転の芽まで摘まれます)。

総合的に見たところ,ワンキルタイプなら,カラクリやインフェの方が安定しているようです。
ただし,
カラクリの,キメラテック・フォートレスのようなワンキルを凌いだ際の逆転されやすさがなく,
インフェの闇マジックミラー,あかりのようなピンポイントメタがほとんど無い。
これに初見殺しの要素も加わり,大会で当たったならば,それなりに苦戦はすると思われます。

ラヴァルのみならず,次のパックの昆虫たちやゼンマイなども
相手のデッキを十分に把握し,相手取ることに慣れることが攻略への近道であると思います。

相手をリスペクトすることが大事というわけですね。  ではでは
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。