エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 【スキドレTGワンフー】エクストラと取説
各デッキ > 【スキドレTGワンフー】エクストラと取説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【スキドレTGワンフー】エクストラと取説

前回の続きです。

エクストラ

TG ワンダー・マジシャン
ナチュル・パルキオン
A・O・J カタストル
TG ハイパー・ライブラリアン
大地の騎士ガイアナイト
天狼王 ブルー・セイリオス
ブラック・ローズ・ドラゴン
氷結界の龍 ブリューナク
スターダスト・ドラゴン
スクラップ・ドラゴン
ミスト・ウォーム
発条機雷ゼンマイン
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
インヴェルズ・ローチ
No.50 ブラック・コーン号



今思うとこのデッキそこまでエクストラの重要度が高くないですよね。
一部を除いて,好きな風に好きなカードを採用して構わないと思います。



・神獣王バルバロス
スキドレ,幻獣の角と好相性。ただし,死者蘇生による寝取られには注意。チェーンでリビングデッドの呼び声を発動するとか。

・TG三種
攻撃時に攻撃力が上昇しメインのアタッカーとなるラッシュライノ。
レベル4以下の特殊召喚に反応し手札から特殊召喚できるワーウルフ。
サイドラと同じ条件で特殊召喚でき,シンクロにつなげられるストライカー。
破壊され墓地に送られたエンドフェイズに別のTGをサーチできるので使い減りしません。

・王虎ワンフー
召喚・特殊召喚された攻撃力1400以下のモンスターを破壊する効果を持ちます。デッキによってはこのカード一枚でかなりの打撃を与えられます。高攻撃力のモンスターは幻獣の角で返り討ちにしましょう。

・TG1-EM1
フリーチェーンで自分の場のTG一体と相手モンスター一体を交換できます。ホーネットを装備中のダンセルとか奪いたいですね。発動タイミングが重要です。見極めましょう。

・幻獣の角
攻撃力を800上昇させ相手モンスターを破壊するたびに1ドロー。ダメージステップに発動できるのでサイクロンなどの妨害を受けずに済むのもポイント高いです。

・スキルドレイン
「効果解決時にフィールドに表側表示で存在しないカードの効果」は無効にできない点に注意。強制脱出装置などと絡めてこられると案外簡単に突破されたりします。信頼を置きすぎないように。

・スターライト・ロード
激流葬二枚体制が怖いので入れてます。勿論,大嵐やミラーフォースにも。

・偽物のわな
・連鎖除外
この二枚は実験的に採用してみました。
偽物のわなはどんな破壊からも罠を守れるのが強力。これだけ罠が多いと情報アドバンテージなど有って無いようなものです。小回りが利く感じがなかなか好み。
メインデッキから連鎖除外はどうかなーとも思ったのですが,逆に効かないデッキと当たることの方が珍しくなってきたので一枚入れてみました。HEROとか暗黒界には効かないんですよねえ。

・天狼王 ブルー・セイリオス
幻獣の角が使えるシンクロモンスター。攻撃力3000超ラインの突破にはあると良いです。



スキドレTGの肝である,TG1-EM1で送りつけたTGを幻獣の角を装備したモンスターで破壊し一枚ドローとエンドフェイズのサーチを行うコンボ。
TG ストライカー制限によりいくらか使いにくくなりましたが,強欲で謙虚な壺により必要なカードが集まりやすいのでまだまだ現役でやっていける強さです。
TG ワーウルフはアタッカーとしても活躍しますが,一番の役割はやはりTG1-EM1で送りつける対象です。

自身の特殊召喚効果により,相手ターンに場が空でTG1-EM1の発動条件を満たしていないと思い相手が出してきたモンスターを奪うことも可能です。
柔軟に対応していきましょう。

スキルドレインとワンフーの噛み合いはやはりよいものではないですが,前回書いたように二重のメタを張れることは利点ですし,プレイングでカバーできる範囲だと思います。
サーチカードは入っているけどライオウも入っている,みたいに。
今の環境一枚のカードにメタを任せきりにするのは心細く,相手にとってこちらの伏せカードと戦略は読めているけれど,それでも突破できないくらいのレベルのメタでなくては勝つことは難しいのかもしれません。
メタビートが結果を残せなくなったのはいつからでしょうか。
私のメタビートも最近は埃を被っています。
そのうち最適化に成功したら紹介したいものですが。

マッチ戦についてですが,このデッキと戦った相手は地域によって流行は異なるので確実ではないですがまあ恐らく王宮のお触れやトラップスタンなどの罠を無力化するカードをサイドデッキから投入してきます。
特に偽物のわなの発動に成功した場合,サイクロンよりもそれらが優先されるはずです。
こちらからの対策としては禁止令・サイクロンなどが有効で,他にもブレイカーで伏せカードを破壊したり,ヴェーラーで罠が無くとも耐えられるように備えるのもいいと思います。
ヴェーラーはゼンマイや兎にも効果ありですから。
スキドレと相性が悪くないカードにサイバードラゴンが存在し,カラクリメタとしても優秀なのですがいかんせんキメラテック・フォートレスがスキドレと相性が悪いです。
打点向上だけならフォトンスラッシャーの方が役立ちそうな気もします。

お触れ,トラスタが怖いのなら罠を減らしワンフーを3枚にして更に強者の苦痛を加えることにより【苦痛ワンフー】のギミックを採用するのもいいと思います。
本当に苦痛ワンフーの影響力は強いです。
例として,インゼクターでは序盤の終末の騎士によるホーネット墓地落としさえできなくさせられた上,センチピードの召喚も許しません。
インゼクターがいなければギガマンティスを装備し突破することもできず,状況を打破することはかなり困難になります。
ワンフーが破壊されてもリビングデッドで復活したり。

選考会期間となり,おそらく公認大会では環境クラスのデッキの使用率が高まると思われますが,そんな中で地雷と呼ばれる風変わりなデッキが活躍できるのは楽しいですよね。





関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。