エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

各デッキ > cccex

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

cccex

カード検索さんに【コンバート・コンタクト】再投稿させていただきました。

エクストラを紹介できておらず,融合やエクシーズが鍵となるデッキで載せないのはまずいだろうということで。

実を言うとただIDとパスワードを紛失してしまいログインができなくなってしまったからなんですが。

というわけでエクストラデッキの紹介です。

エクストラ(15枚)
E・HERO ガイア
E・HERO アブソルートZero
E・HERO エスクリダオ×2
E・HERO Great TORNADO
E・HERO The シャイニング
E・HERO ノヴァマスター
波動竜騎士 ドラゴエクィテス
ジェムナイト・パール
虚空海竜リヴァイエール
インヴェルズ・ローチ
機甲忍者ブレード・ハート
No.39 希望皇ホープ
No.50 ブラック・コーン号
ラヴァルバル・チェイン

ランク4エクシーズを多めにした理由
このデッキでは下級モンスターは墓地肥やし及びコストとなるモンスターがほとんどです。そのため,墓地を上手く肥やせないでいたり効果使用後に場に放置していたりすると,現環境では一瞬で場を制圧されライフを奪われてしまいます。
そこを凌ぎ切るためのエクシーズです。
基本はチェインから更に墓地にカードを送るのが定石ですが,カオスモンスターやミラクルフュージョンが引けない場合攻め手が無い苦しい状態となります。
この場合,次のターンの引きにかけるよりも,強力なランク4エクシーズで攻めるまたは守った方が確実です。
チェインの効果で開闢,ダムド辺りをデッキトップに持ってくるのも良いのですが,守備の薄いこのデッキでは次のターンが来る前にキルされてしまいがちですから,これは攻めのプレイングであると言えます。
同様にブレード・ハートやブラック・コーン号もまた攻める局面のエクシーズです。
守りのエクシーズとなるとローチ,ホープが適任です。
パールに関しては攻守というより緊急時用といったところで,増えつつあるヴェルズ・オピオンの突破口となるカードです。

また,ランク4エクシーズの役目はもう一つあり,それは墓地を肥やし終えた“後”に訪れます。
先に書いたように下級モンスターにとっては墓地にカードを送ることが一番の任務ですから,当然,行うことが無くなった終盤には効果を使うタイミングも失い,死に札となってしまいます。
そこで当初の役目を失った下級をエクシーズ素材として利用することで,その状況に合うよう攻守にわたり柔軟に動くことが可能となるわけです。

ラヴァルバル・チェインとTheシャイニングが一枚の理由
臨機応変に対応するためには多くの種類のエクシーズが必要となり,必然的にエクストラデッキの圧迫に繋がってしまいます。
この二枚は非常に強力なカードです。
ですが,それは活躍できた場合のハナシで,勿論デュエルをしている中で活躍ができない局面も迎えることとなります。
もう一枚あったらもっと回せるのに,あの決闘で勝てたのに,となる場面もないではないですが,それよりも超融合を狙えるモンスターや状況に即したエクシーズが存在しないことの方が痛いです。
そもそもレシピはこのタイプのデッキの基軸となるものであり,大会で上位を狙いに行く類のものとは異なります。
上を狙いに行く場合,大会流行の属性に合わせ融合HERO,エクシーズの枚数を調整する,サイドデッキからのエフェクトヴェーラー投入に合わせてシンクロモンスターを採用するなどの工夫が必要です。
よってここでは最も広がりをもたせたタイプをチョイスしました。


記事を見直してみると,理屈っぽく書きすぎているような気もしますが,まぁたまにはいいですかね。




最近ドラゴン族シンクロの採用が減ってきているので波動竜騎士 ドラゴエクィテスはリストラして構いません。


http://ocg.xpg.jp/deck/deck.fcgi?ListNo=41452
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。