エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 【DDB】こんなカード オレは三十六枚持っているよ…(実話)他マスタールール3あれこれ考察
考察・感想 > 【DDB】こんなカード オレは三十六枚持っているよ…(実話)他マスタールール3あれこれ考察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【DDB】こんなカード オレは三十六枚持っているよ…(実話)他マスタールール3あれこれ考察

遊戯王屈指の名台詞、まさか口にする日が来ようとは。
破いたりはしませんけどね。

あの《ダーク・ダイブ・ボンバー》が再録!
しかも効果テキストエラッタ?
これは4月復帰あるか!?

まあ、まだ完全に確定したわけではないので。
私のDDB×37枚の未来やいかに。
その他、雑記。
マスタールール3
・ペンデュラム召喚整備
・先行ドロー廃止後、先行後攻どちらが有利か、どちらを選ぶべきか、先行のメリットは?
・フィールド魔法の変更
・ダメージステップ五段
・リバース効果の消失
またあそぼうねDDB
君のメロディやその
哲学や言葉 全てを
守る為なら少し位する苦労もいとわないのです
椎名林檎-幸福論









彼が禁止カードに指定されてから早4年6ヵ月。
「40枚集めて裏スリーブでも作ろうかな」
などと思い付き、だらだら集めているうちに気付けば37枚。
気楽に収集を始められたのは帰還は間違いなく不可能だろうと判断したからです。
それが……まさか。

《ダーク・ダイブ・ボンバー》さん再収録おめでとう!
……本当なのかな?早めのエイプリルフールじゃないですよね?
噂なら噂でも……。

書籍付録なので価値がそれほど上がるとは思えませんが、
少々集めにくくなりそうですね。
レアリティが違うと裏スリーブに使えない……。

前例を見るに、エラッタされても旧テキストのカードは使用できるはずなので
枕を高くして眠れます。

正式なテキストが確認できるまで評価は保留にしておきましょう。
ボマーさんデッキが組みたくなってまいりました。




しばらく更新を怠けていた間に色々変わりましたね。
前の記事が約2ヵ月前という……。
制限改訂に追いつかれそうなペースです。

マスタールール3なるものが4月より適用されます。

・ペンデュラムゾーンの設置などペンデュラム召喚関連の整備
一度に大量展開するらしいので《奈落の落とし穴》が大活躍の予感。
《大落とし穴》は……少々厳しいか。
《トリオンの蟲惑魔》ちゃんが張り切ってます。
魔法カード扱いで場に出て来ても、速攻で破壊されそうなものですがどうなのでしょう。
エクストラデッキに送られるので無駄ではない……はず。

・先行ドロー廃止
「先行はもらうぞ!オレのターン!ドロー!」が無くなるのは不思議な感じです。
先行有利を解消する為なのでしょうが、
今度は逆に後攻が有利過ぎるだろうという意見もありそうですね。
実際、後攻1ターン目から展開が可能なデッキであれば後攻を取るべきなのかもしれません。
後攻ワンショットキル(正しくワンターンキル)の確率は大きくなるわけですし。
メタ系のデッキが多い私としましても、先行ドロー廃止は中々辛いです。
しかし前向きにに考えれば、後攻を選択する相手が増えることで自分が先行を取れる可能性が高まるということ。
相手に先行でソリティアされて絶望的な状況でターンが回ってくることが減ります。
メタ効果持ちのモンスターが相手の召喚反応系罠に引っかからずに済みます。
1ドローが無くなる分成功率は落ちますが、先行《王家の生け贄》を狙う機会は増えます。
【チェーンバーン】や【カウントダウン】にしても、エンドサイクを回避できると考えれば……
全てが逆風というわけではないと思います。

・フィールド魔法はお互いの場に一枚ずつ存在できる
 自分で張り替えたフィールド魔法は破壊されず墓地に送られる

ますますフィールド魔法が永続魔法化してきました。
もはや相手にも影響を与えるフィールド魔法の方が少ないのではと思うほどでしたし。
《王家の眠る谷-ネクロバレー》ならしっかりと双方のプレイヤーに効力が及びますよ、ええ(明らかな贔屓)
フィールド魔法の張り替え合戦が終戦を迎えたのは良いことです。
《歯車街》がやられましたが。
【スキドレギアバレー】は組めなくなりますね。
これからは【アンティーク・ギア】で思う存分力を振るって下さい。

・ダメージステップの公式的5段階化
 一部カードの発動タイミングの限定

《オネスト》が微妙に弱体化。
しかし先出しが強力であることには変わりありません。
《オネスト》のようなダメージステップ時に発動と書かれてはいるが
ダメージ計算時「にも」発動できたカードが、ダメージステップ時のみの発動となったようです。
他にも《BK カウンターブロー》《BF-月影のカルート》《サイコ・コマンダー》などが該当します。
一方で《お注射天使リリー》《サイファー・スカウター》《プライドの咆哮》といった
ダメージ計算時に発動すると明記されたカードは今までと変わらずに扱えるものと思われます。
やればできる子たちだと常々思っておりました(適当)

・分類上のリバース効果の消滅
《ブレイドナイト》「もっと」
《王宮の号令》「リバース効果持ちを」
《停戦協定》「増やして」
《深淵の暗殺者》「ほしかった」
《抹殺の使徒》「【ゴーストリック】でなら雇ってもらえるかな……」
そういえば、裏守備表示の《雲魔物-ポイズン・クラウド》が戦闘破壊された場合にも効果が発動するようになりましたね。





1ヵ月更新が無いと表示される宣伝欄に秒速5センチメートルを持ってくるのは勘弁してください。
心にきます。

これからも大会参加レポや決闘していて考えたことなどを
時々書いていこうと思っています。   それでは
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。