エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 【マシンロイド】追記
各デッキ > 【マシンロイド】追記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【マシンロイド】追記

遊戯王を長くやっていても,どんな効果だったかがイマイチ思い出せないようなカードはあるものです。
テーマカテゴリの一枚で,勝利だけを念頭にデッキを組むと抜けていってしまうような感じのカード群。
そういったカードは,多くの人が遊戯王Wikiさんで確認しておられるようです。
普段使われず,ストレージボックスに混ざっていたとしても気にも留められないような,
そんな一枚の使用者が,増えてくれたなら嬉しく思います。

前記事の《アーマロイドガイデンゴー》も中々のクリック数でしたが,
流石に《BF-流離いのコガラシ》の時の記録は塗り替えられませんでしたね。

前回紹介した【マシンロイド】の追記になります。
興味の無い人からすれば,全く意味の無いものでしょうし,
蛇足となるやもしれませんが,それでもよろしければ。
ぶっ倒しても!ぶっ倒しても!!ぶっ倒しても!!!   後続部隊が現れる素敵な一枚
太陽族-ホタルの恋の歌



各カードの解説・採用理由

《アーマロイドガイデンゴー》
「ロイド」を含む生け贄召喚に成功すると,《大嵐》の除外版という強力な効果を発揮出来ます。
このデッキではサルベージが容易な星8機械族であることから,
専ら《マシンナーズ・フォートレス》特殊召喚の為のコストとして活用されます。
勿論,《マシンナーズ・フォートレス》が場に並びやすく,自身を手札に加えやすい為,効果の発動も十分に狙えます。

また,《機甲部隊の最前線》発動下なら被戦闘破壊時にデッキ内の全モンスターがリクルート対象となります。
コンボ成立の鍵となるカードですので,迅速に墓地に落としたいところです。


《マシンナーズ・フォートレス》
軽いフットワークと高い嫌がらせ性能を併せ持つ最強の「マシンナーズ」 ←《マシンナーズ・フォース》「…」
被戦闘破壊時に相手場のカードを道連れにする効果は,
同じく戦闘破壊された場合に発動する《機甲部隊の最前線》との相性が良いです。


《マシンナーズ・ギアフレーム》
デッキから《マシンナーズ・フォートレス》をサーチしてこれる他,
ユニオン効果で装備モンスターの破壊の身代わりとなることも出来ます。
比較的戦闘破壊されやすいので《機甲部隊の最前線》の起点にも。


《エクスプレスロイド》
召喚・反転召喚・特殊召喚成功時に墓地から「ロイド」2体をサルベージ出来ます。
下準備を終えてしまえば,如何なる召喚からでも《マシンナーズ・フォートレス》×2の特殊召喚へと繋がる為,
豊富な召喚手段を用意し,効果発動後はエクシーズ素材として活用します。

低攻撃力から,自身及び《カードガンナー》以外が戦闘破壊されれば《機甲部隊の最前線》からリクルート可能。


《ドリルロイド》
サルベージ先が《アーマロイドガイデンゴー》3枚のみではやや心許無いので,水増し。
加えて,このデッキが苦手とする戦闘耐性持ちや高守備力モンスターを突破する際にも活躍します。
《機甲部隊の最前線》でワンクッションおける微妙なステータスが便利です。


《スクラップ・リサイクラー》
召喚・特殊召喚の成功時にデッキから機械族を墓地に送れます。
《アーマロイドガイデンゴー》を落とすも良し,《マシンナーズ・フォートレス》を落とすも良しの
このデッキの潤滑油として非常に重要な役割を果たします。
通常召喚と《機甲部隊の最前線》によるリクルートの他,《リミット・リバース》等の蘇生も活用し,
しつこく場に出していきたいモンスターです。
最悪でも2回効果を発動出来れば,《エクスプレスロイド》の効果発動条件は満たせるのですから。

墓地の星4地属性機械族をデッキに戻しつつドローへと変換する後半の効果は,
《機甲部隊の最前線》と抜群の相性で《エクスプレスロイド》の無限再利用,永久機関も望めます。


《カードガンナー》
墓地肥やしを行いつつ,1900までのモンスターを戦闘破壊出来る上にドロー付という超ハイブリッド。
《機甲部隊の最前線》からも呼び込みやすく,《ライオウ》等厄介なモンスターの処理も可能です。


《マシンナーズ・ピースキーパー》
破壊されるとユニオンを手札にサーチしてこれます。
このデッキでサーチ対象に出来るのは《マシンナーズ・ギアフレーム》のみですが,
《マシンナーズ・フォートレス》が無いと始まらないデッキですので。
500という絶妙な攻撃力が《機甲部隊の最前線》発動下では便利です。

セットしていた《リビングデッドの呼び声》や《リミット・リバース》が破壊される場合にチェーン発動することで
このカードか《カードガンナー》を蘇生することでドロー・サーチ効果を発動出来るのも優秀です。


《機甲部隊の最前線》
上のモンスター毎解説の全ての項に名前が出て来るくらいに,このデッキのキーカード。
発動中は相手の攻撃が弱まることも多く,防御カードとしても働きます。
そういった場合には,こちらから自爆特攻を仕掛けていかなければならないわけですが。
《サイクロン》等の除去が真っ先に飛んでくるので,頼り過ぎはよろしくないです。
エクシーズモンスターが破壊されても発動出来るのが良いですね。


《リミッター解除》
《マシンナーズ・フォートレス》2体の攻撃が通れば勝ちになります。
《アーマロイドガイデンゴー》で除去した後に発動出来れば一番確実なのですよ。


《サイクロン》
《マクロコスモス》《次元の裂け目》で完封されるデッキですので。


《強制終了》
《エクスプレスロイド》等の低攻撃力モンスターを狙われて,その戦闘ダメージでゲームセットとなる事態を防ぎます。
エクシーズが出てからはそれらを守る理由も生まれました。
《リビングデッドの呼び声》等との相性も悪くないです。


《盗賊の七つ道具》
《奈落の落とし穴》《次元幽閉》で《マシンナーズ・フォートレス》が除外されると非常に苦しいので。
《アビスフィアー》等の強力な罠が多く採用される今,腐ることは少ないはずです。


《強制脱出装置》
相手への妨害の他,《エクスプレスロイド》《スクラップ・リサイクラー》 の再利用も行えます。


《ブラック・ホール》・《激流葬》
《マシンナーズ・フォートレス》は続々と復帰するので流してしまってもさほど痛手ではありません。


《No.7 ラッキー・ストライプ》
ライフイズカーニバル。
決まると楽しいです。


《No.11 ビッグ・アイ》
《マシンナーズ・フォートレス》がじゃんじゃん出るので召喚しやすいです。
裏表問わず永久奪取は間違いのない強さです。
2600と意外と高めの攻撃力も魅力。


《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》
上で書いたように,一番怖いのは罠による除外だと思います。
出し難いですが,いざという時には活躍します(多分)


《交響魔人マエストローク》
《ヴェルズ・オピオン》への対策手段。


《ダイガスタ・エメラル》
墓地の《エクスプレスロイド》等をデッキに戻しつつドロー出来ます。
無くともそんなに困らないので抜き候補。


《ラヴァルバル・チェイン》
《アーマロイドガイデンゴー》を墓地に送れます。
《ギアギガント X》で《スクラップ・リサイクラー》をサーチするよりも早いです。


《No.50 ブラック・コーン号》
戦闘耐性持ちのモンスターを突破できるのはありがたいです。


《妖精王 アルヴェルド》
高打点の処理に。
ただ,《マシンナーズ・フォートレス》で済む場合も多く,抜き候補です。


《発条機甲ゼンマイスター》
効果発動後の《エクスプレスロイド》のセット→リバースまでが行えます。
2500の打点としても働く他,地属性機械族であることから《機甲部隊の最前線》が発動します。


《ギアギガント X》
デッキ・墓地から星4以下の機械族を手札に加えられます。
《エクスプレスロイド》を素材として召喚して,そのまま再利用することも可能です。
更に《発条機甲ゼンマイスター》と同じく《機甲部隊の最前線》に対応しています。

このカード一枚の登場で随分と使い勝手が変わったように思います。


《発条機雷ゼンマイン》
《リミッター解除》で攻撃力3000になれる上にエンドフェイズに破壊効果が発動出来ます。
地属性でないのが惜しい所です。


《銀嶺の巨神》
魔法罠カード一枚を永続的に発動不可にする効果と,
相手モンスターを戦闘破壊した際に墓地から地属性モンスターを守備表示で特殊召喚する効果を持ちます。
1800と少々頼りない攻撃力で戦闘破壊を狙うのは難しいですが,リターンは大きいといえます。




紹介した【マシンロイド】はベーシックな型ですので,他にも色々な種類があります。
墓地肥やしを【ライトロード】に委任するタイプや
《ブリキンギョ》を採用して《ギアギガント X》をもっと積極的に狙っていくタイプ等々。
【ロイド】により近付けるのも良いでしょうし,
《一族の結束》で打点を引き上げても楽しそうです。

ビートダウン系のデッキ相手には結構戦えますが,
【終焉のカウントダウン】等ロックデッキや【次元】系をかなり苦手とします。

デッキ全体が噛み合って動ける面白いデッキだと思うので,これからも強化していきたいものです。
関連記事
スポンサーサイト

ブログ更新お疲れ様です。(*´・ω・`*)ノ
自分も【マシンロイド】を昔作ってみましたが、
勝利に念頭を置いていたため、《デコイロイド》とか《レスキューロイド》は一切使ってなかったですね。
決闘者なら色んなカードを研究して使ってみたいものです。(`・ω・´)

2012.12.14 20:48 ニーギ #- URL[EDIT]
返信→ニーギさん

ニーギさん コメントありがとうございます
返信が滞ってしまい申し訳ないです

ニーギさんも【マシンロイド】を組んでいたのですね!
デコイロイドは難しいですが,レスキューロイドは純粋な【ビークロイド】になら採用していましたよ~
勿論,勝利を捨てるよりも勝利を目指すべきだと思います

色々なカードの使い道を考えるのはたまらなく楽しいですよねー
あとはこれがデッキ構築力とプレイングの強化に直結すれば言うことなしなのですけれど(汗)

2012.12.29 23:58 右折 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。