エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 電光千鳥は痺れる強さ
カード考察 > 電光千鳥は痺れる強さ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

電光千鳥は痺れる強さ

遊戯王に限りませんが,大抵は欲しい物ほど入手し難いものです。
心躍らせながらパックを買ってみても,自分には必要の無いものばかり当たってしまいます。
例えば,《電光千鳥》や《恐牙狼 ダイヤウルフ》その他ノーマルを目当てにCOSMO BLAZERをちびちびと買うも,
出て来たのは《シャイニート・マジシャン》と「魔導」ばかりであったりとか。
強いことは分かっているのですが,活躍出来るデッキが無ければ宝の持ち腐れです。

《電光千鳥》は手に入らなくとも,素材に使える《輪廻天狗》が(一枚ですが)手に入ったので,
取らぬ狸の皮算用,憧れのビリビリ痺れる《電光千鳥》ちゃんの考察です。


blogramの「米倉千尋」さんのランキングで第2位に。驚きです。
日本刀が元ネタです。「これは英雄の物語ではない。英雄を志す者は無用である。」
RYTHEM-桜唄



《電光千鳥》
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/風属性/雷族/攻1900/守1600
風属性レベル4モンスター×2
このカードがエクシーズ召喚に成功した時、
相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して持ち主のデッキの一番下に戻す。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して持ち主のデッキの一番上に戻す。


COSMO BLAZERにて登場した風属性・雷族のランク4エクシーズモンスターであります。
素材は風属性星4モンスター2体でなければならない「縛り」があります。

エクシーズ召喚成功時に発動する第一の効果と
エクシーズ素材を一枚取り除いて発動する第二の効果を持ちます。

ちなみに「電光千鳥」であり「雷光千鳥」ではありません。
「電工千鳥」でもありません。

《電光千鳥》のそこにシビれる!あこがれるゥ!な魅力とは…(ジャンプ的に)

まず,第一にイラストがたまらなく魅力的です。
荘厳な社を全壊させながら飛び出す千鳥。
社の中央には千鳥が宿っていると思われる日本刀があります。
一瞬スピリットモンスターかと錯覚してしまいそうなイラストです。

刀を媒介にオーバーソウルしているのでしょうか。ジャンプ的に。
それとも,鬼の手を切り裂く程の怨念に満ちた処刑刀に宿る悪霊的なものでしょうか。ジャンプ的に。

第二に,元ネタがとても格好良いです。
「千鳥」は戦国時代の武将「立花道雪」が所有していた刀です。
立花道雪は若い頃,落雷を受けた際に雷の中にいた雷神を斬ったといわれており,
その際に,「千鳥」を「雷切」へと改名したといいます。
立花道雪 - Wikipediaの頁に詳しい説明があります。

現在では忍者漫画の技名として知られていることが多いのではないでしょうか。ジャンプ的に。
ゲームや映画では「雷切」「雷切穿光」「雷切弐連突」「雷切一閃」「雷切・一尖」「雷切・双穿光」,
あるいは「千鳥」「千鳥流し」「千鳥千本」「千鳥鋭槍」「千鳥光剣」のようにバリエーション豊富です。

ちなみに,《くず鉄のかかし》先生の中の人である井上和彦さんは
アニメ「夏目友人帳」の「ニャンコ先生 / 斑」の声優さんでもあります。
あの声の使い分けはスゴイですよね。

第三に,性能が大変に優秀です。
話が大分脇道にそれてしまいましたが,ここからが本題です。

《電光千鳥》はエクシーズモンスターには珍しいエクシーズ召喚成功時に発動する効果を持ちます。
これは,相手の場のセットカード一枚をデッキの一番下に戻すという強力な効果です。
魔法罠だけではなく,セットされたモンスターもデッキバウンス出来るのが良いですね。
今時の裏側守備表示モンスターには凶悪な奴らが揃っていますので。

《月の書》等で裏側にしてしまうことで,
《暗黒界の龍神 グラファ》《馬頭鬼》《炎王神獣 ガルドニクス》等の墓地に送りたくないモンスターを
デッキの奥底に沈めることも可能です。
もっとも,これらのカードは簡単にサーチされてしまうのですが。

優先権」という特殊ルールがあった頃と違い,現在では,
起動効果は《奈落の落とし穴》や《サンダー・ブレイク》等の妨害で発動不可となります。
しかし,召喚成功時に発動する効果は,《神の警告》等で召喚自体を無効にされない限り発動することが出来ます。
《電光千鳥》の第一の効果は,選択したセットカードをチェーン発動される虞もありますが,
仮に召喚後に即座に除去されてしまったとしてもアドバンテージを稼げる可能性があるのは優秀であるといえます。

召喚後の除去への対抗として,
耐性では,《奈落の落とし穴》を突破しつつ守備力1800を下回るモンスターを戦闘破壊出来る
同ランクの《交響魔人マエストローク》に軍配が上がるかもしれませんが,
単純な除去性能では,第二効果と合わせて裏表のカードを一枚ずつ除去出来る可能性がある上,
微力ながら攻撃力が高い《電光千鳥》に傾きそうです。

また,この第一効果はエクシーズ素材を取り除く必要が無いことも
一部のエクシーズサポートを受ける際に有益であり評価出来ます。


更に,エクシーズ素材を取り除いて発動する第二効果は
相手の場の表側のカードをデッキトップにバウンスする効果です。

下級モンスターを戻すだけでも,除去とドローロックが同時に行える上に
《マインドクラッシュ》等に利用出来る情報アドバンテージが得られます。
上級,最上級モンスターを戻すことが出来れば更に有効となります。

融合,シンクロ,エクシーズといったエクストラデッキから召喚されるモンスターに対してのバウンスは,
エクストラデッキに直接お帰りいただける為,再度召喚される危険はありますが,
墓地や除外ゾーンから復活される心配がない優秀な除去であります。

デッキバウンスであることから,破壊耐性を持ったモンスターに対しても有効であり,
《輪廻天狗》の効果を発動させることもありません。

また,表側の魔法罠をバウンスすることも可能で,
ロックカードやフィールド魔法を一時的に取り除けるだけでなく,
《白竜の忍者》+《安全地帯》のような厄介な布陣を突破する際に役立ちます。


二種類のデッキバウンス効果を使い分けることで,相手の場に致命傷を与えることが出来るでしょう。
イメージ的には,それぞれ裏側表側の指定のある《風帝ライザー》+《風霊術-「雅」》を
エクシーズ素材以外のコスト無しで相手の場に撃ち込めるのですから,間違いなく強力です。


続いて,ステータスを見てみると,
攻撃力1900守備力1600と,ランク4エクシーズとしてはやや物足りなく感じるものの,
下級モンスター相手には十分に戦闘が行える能力値であります。

風属性雷族の同胞には
《ミスト・ウォーム》《霞の谷の雷神鬼》《霞の谷の雷鳥》《団結するレジスタンス》等がいますが,
双方のサポートを同時に受けられるサポートカードはこれといって浮かびません。
2月発売の新パックROAD OF THE TACHYONGALAXYが風属性強化弾であるという噂もありますから,
《電光千鳥》に続く刀を元ネタとするモンスターとそのサポートの収録に期待したいですね。

雷族として受けられる恩恵は
・《電池メン-単一型》(攻撃封じ)《充電池メン》(強化)《電池メン-業務用》(墓地コスト)
・《海》《山》《電撃鞭》《エレキューブ》で強化出来る
・《エレキュア》でライフが回復出来る
・《魔霧雨》で守備力1900以下のモンスターを一掃出来る
・特殊召喚時に《雷の裁き》が発動出来る
・《ジェムナイト・プリズムオーラ》の融合素材になれる
ことくらいであり,どうにもパッとしません。

一転して,風属性として受けられる恩恵は非常に多いです。
代表的なものを挙げると
・《エレメント・デビル》《エレメント・ドラゴン》《エレメント・マジシャン》に能力が付加される
・《風の精霊 ガルーダ》《シルフィード》《デザート・ツイスター》《ダーク・シムルグ》の特殊召喚コスト
・《ブレードフライ》《ハーピィ・レディ1》《デザートストーム》《突風の扇》で強化出来る
・《ハンター・アウル》の攻撃力上昇に貢献
・《憑依装着-ウィン》《吹き荒れるウィン》《疾風鳥人ジョー》《始祖神鳥シムルグ》
 《エレメンタルバースト》《風霊術-「雅」》のリリースコストとなる
・《烈風の結界像》が存在しても召喚出来る
・《デスサイクロン》に破壊されない
・《ダイガスタ・イグルス》《ガルドスの羽根ペン》の墓地コストとなる
・《ダイガスタ・フェニクス》で2回攻撃出来る
・《戦火の残滓》で再利用出来る
・《風林火山》の発動条件を満たす為に役立つ
・《E・HERO Great TORNADO》の融合素材となる
といった感じです。

実用的なものから,誰がやるんだろう?なシナジーまで様々ですが,
《風霊術-「雅」》でサクリファイスエスケープを行うのは中々にいやらしいですし,
《ダーク・シムルグ》は【炎星】の対策になるかもしれません。
《風の精霊 ガルーダ》《シルフィード》のようにエクシーズ素材を揃える為に有用となるものもあります。
受けられる恩恵は受けられるようにしておきたいものです。


風属性の救世主となり得る《電光千鳥》ちゃんの力で,
風属性の本気を見せてやりましょうぞ。



当初の計画では,
《電光千鳥》を召喚する方法や《電光千鳥》が活躍出来そうなデッキについても書く予定だったのですが,
ジャンプの話をしていたら予想以上に長引いてしまったという痛恨のミスがありましたので,
それらについてはまた別の機会にやれればいいなー,と思います。
…このように言って,今まで実現したことがどれほどあったでしょうか。

そういえば《ヴェルズ・ケルキオン》を一枚ゲットしました。
デュエリストセットは全く買っていないのですが,
ダブルユニオンを購入した友人から譲り受けることが出来ました。
持つべきものは友人ですね。

今年もあっという間に師走となりました。
一応,11月の末に,忙しさの一つのヤマを越えることが出来たのですが,
もう一つのヤマが待ち受けているので,更新ペースが完全に回復するのはもう少し先になりそうです。
すみません。

FC2ブログランキング,にほんブログ村,ブログランキングNO.1の部門別ランキングで一位になりました。
皆様の温かい応援のおかげです。ありがとうございます。
こんなブログではありますが,これからも読んでくださると嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。