エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 闇・道化師のペーテンと【インヴォーカーブレード】
カード考察 > 闇・道化師のペーテンと【インヴォーカーブレード】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

闇・道化師のペーテンと【インヴォーカーブレード】

遊戯王世界を震撼させる(かもしれない)EXTRA PACK 2012の発売まで,あと5日です。
デスガイドさんの海外缶再録決定は多かれ少なかれEXTRA PACKの売り上げに響くのでしょうが,
こちらとしては,売り切れに涙する事態を回避出来るのなら,むしろそれはそれでという気持ちも。

以前,最近強いと思ったものにて取り上げた《闇・道化師のペーテン》についての考察です。
この頃「ペーテン」の検索から当ブログにいらっしゃる方が増えているようでした故,
少しでも応えてみようということで,拙いながらも意味無いながらも再考察です。
紹介したのは半年以上前なので,環境もカードプールも変化しております。
《終末の騎士》と併用することで《M.X-セイバー インヴォーカー》を使用した
【インヴォーカーブレード】のギミックの一端を担うことも可能です。
最大の野望としては,「蘇れ【遅延ダーク】」なのですけれども。
「騙される方が悪いのさ」などと言っていると,  きっと“なまはげ”が来ます。きりたんぽ美味しい
FENCE OF DEFENSE-SARA




《闇・道化師のペーテン/Peten the Dark Clown》
効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻 500/守1200
このカードが墓地へ送られた時、
このカードを墓地から除外する事で
手札またはデッキから「闇・道化師のペーテン」1体を特殊召喚する。


PREMIUM PACK 7で登場し,トーナメントパック2007 Vol.4で再録されました。
同名モンスターを手札・デッキから特殊召喚する効果を持つ,一種のリクルーターであります。

「~する」なのでタイミングを逃さない効果に思えますが,
誘発効果は強制効果ではなく任意効果であり,
多くの発動コストやアドバンス召喚のリリース,シンクロ召喚の素材にした場合は
タイミングを逃し,リクルート効果を発動することが出来ません。
《ガスタ・グリフ》のように「場合」だったならば,逃さなかったものを……。
ある意味《輪廻天狗》以上に凶悪になりそうで怖いですけれども。

「墓地に送られる」だけでよいので,場からは勿論,手札やデッキから墓地へ落ちた場合にも
同名モンスターをリクルートすることが可能であり,闇属性であることから墓地に送る手段も多彩です。
かつては《おろかな埋葬》で墓地に送った場合,効果の発動は不可とされていましたが,
現在では裁定が変更され,問題無く発動可能となりました。
《終末の騎士》や《ダーク・グレファー》等も活躍してくれるでしょう。
手札から墓地に送られた場合でも,
「暗黒界」の効果が発動する類のカードであれば無事に発動することが出来ます。
【ゼンマイ】にハンデスされても大丈夫です。
ワンショットキル防止にも役立ってくれますね。

魔法使い族という種族を活かすとすれば,
効果の発動を度外視して,というか,場に残り易い性質を活かし,
《アーカナイト・マジシャン》の素材とする,《ブリザード・プリンセス》のリリース軽減,
《ワンダー・ワンド》や《ディメンション・マジック》のリリースコストといった運用法もあります。
Wikiさんには自爆特攻から《魔法族の結界》の魔力カウンターを稼ぐコンボも載っていました。成程。

攻撃力500という低さは《デブリ・ドラゴン》によって蘇生可能な利点となります。
規制緩和後もあまり影が濃くなった気がしないデブリさんですが,
《ブラック・ローズ・ドラゴン》が容易に作れる点は評価出来ます。
【ジャンクドッペル】系のデッキでは今でも現役です。
いざとなれば守備力2000の壁となってくれますし,星4を蘇生してのランク4エクシーズの他,
高レベル蘇生後《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》で高ランクエクシーズといった芸当も。
一時期【海皇】にも採用されていましたし,こんな素敵なカードを使わぬ手はありませんね(宣伝)
蛇足ですが,禁止カードの《死のデッキ破壊ウイルス》のリリースコストになり,
《天使の施し》との相性は最高です。

気になるのはエクシーズ素材とした後の処遇であります。
エクシーズモンスターの効果コストに使用した場合にはタイミングを逃す為発動不可となります。
《No.17 リバイス・ドラゴン》等の効果コストには適しません。
しかし,《発条機雷ゼンマイン》のエクシーズ素材を破壊の身代わりとする効果の為に
《闇・道化師のペーテン》を取り除いた場合にはタイミングを逃しません。
レベルを変更して《交響魔人マエストローク》の素材にした場合も同様だと思われます。

また,エクシーズモンスターそのものが除去されてしまった場合にも
チェーン2以降でなければタイミングを逃さず効果の発動が可能です。
注目すべきは,エクシーズモンスターの召喚自体が《神の警告》等で無効にされて破壊されようが,
《奈落の落とし穴》で除外されようが,《強制脱出装置》でバウンスされようが,
問題無くリクルート出来るという点です。
御存じの通り,今日日,モンスターは容易く除去されてしまい,長く維持することが困難です。
特に《奈落の落とし穴》や《次元幽閉》の採用率は鰻上り,
《激流葬》や《聖なるバリア-ミラーフォース-》といった強力な除去も続々と緩和されております。
そんななかで,素材が用意し易いだけでなく
除去された場合にも場にモンスターを残しておけることは強みといえます。

ランク3のエクシーズモンスターには《闇・道化師のペーテン》との相性が良いものが何体かおります。
《虚空海竜リヴァイエール》は除外した《闇・道化師のペーテン》を再び特殊召喚出来,
ステータスも低めであることから除去され易く,効果発動の機会が多いです。
《No.17 リバイス・ドラゴン》はエクシーズ素材が無くなると
直接攻撃が出来なくなるデメリットが生じる為,
《闇・道化師のペーテン》を残す意味があり,除去されたときの保険となります。

最近【インヴォーカーブレード】のギミックで一躍脚光を浴びた《M.X-セイバー インヴォーカー》は
コストとして素材を取り除く為,一見相性が良さそうには見えませんが,
《闇・道化師のペーテン》をデッキから墓地に落とす手段として
《終末の騎士》や《ダーク・グレファー》を用いた場合,
《闇・道化師のペーテン》のリクルートで場には戦士族星4と星3のモンスターが揃います。
後は《簡易融合》,《マジック・ストライカー》,《TG ワーウルフ》,《緊急テレポート》等
お好みの手段で星3を1体用意して《闇・道化師のペーテン》とオーバーレイ,
《M.X-セイバー インヴォーカー》をエクシーズ召喚し《H・C エクストラ・ソード》をリクルート,
《終末の騎士》と《H・C エクストラ・ソード》で《機甲忍者ブレード・ハート》をエクシーズ。
これで【インヴォーカーブレード】の3200×2+1600=8000を再現可能です。
《魔界発現世行きデスガイド》と《フォトン・スラッシャー》の組み合わせで行うのが一般的ですが,
《終末の騎士》を用いたギミックの一つとして取り入れる余地はあるかと思います。
手札に《切り込み隊長》と《終末の騎士》が揃うだけで8000ダメージを作れるというのは面白いです。
手札2枚から8000ダメージを叩き込めるギミックがいくつも仕込めるのが
【インヴォーカーブレード】の魅力ですね。

《虚空海竜リヴァイエール》と《ネクロ・ガードナー》の組み合わせとともに
上記のギミックを詰め込んだ【遅延ダーク】も組めそうです。
《ネクロ・ガードナー》や《闇・道化師のペーテン》で身を守り,
【インヴォーカーブレード】やダークモンスターで決着。
派手さもあってなかなか楽しそうではありませんか。
《異次元からの埋葬》緩和されませんかねえ。


絶版となっている《闇・道化師のペーテン》君ですが,
さほど高いカードでもありませんし,海外版も安価です。
これからのランク3エクシーズに期待する意味でも,
《闇・道化師のペーテン》を用いたデッキを組んでみても良いかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.10.10 00:00 # [EDIT]

強い

2012.10.10 12:12 匿名 #- URL[EDIT]
RISING★俺さん

相互リンクのお誘い,ありがとうございます
喜んでお受けさせて頂きます

タイミングの処理がややこしいので,使用率が低い原因はそこにあるのかもしれません
天狗さんは規制されてしまいましたが,こちらは3枚積みOKです
日陰者だったペーテン君にスポットライトが当たったら良いなと思います

2012.10.11 18:09 右折 #- URL[EDIT]
返信→停車男さん

目立たない強さって素敵だと思います~
それと,遅くなってしまいましたがリンクのブログ名を修正させていただきました
これからもよろしくお願いします

2012.10.11 18:13 右折 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。