エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 次期【墓守】をどうすべえ
デッキ > 次期【墓守】をどうすべえ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

次期【墓守】をどうすべえ

遊戯王新制限実装まであと1週間,その瞬間が刻々と近付くにつれ,なにとなく悩みが湧いてきます。
これから,新制限に準拠したデッキ構築を行っていかねばならぬわけですが,
現状から適当に数枚入れ替えるのみで済ましてしまって良いものだろうか,という気持ちがありまして。
規制に沿うばかりではなく,環境まで考慮した構築を目指したいものです。

ファンデッキガチデッキ区別無く,双方とも勝利を狙う姿勢を崩したくはないのですが,
どうしても大会参加を視野に入れたデッキ以外となると,コンボ性や派手さを重視してしまうあまり
環境メタどころか汎用カードが続々と抜けてしまう事もしばしばです。

次の環境用に【墓守】をあれこれ弄ってみました。
「アイテムなぞ使ってんじゃねえ!」「屑が!」→シャドウエッジ→ブラッディクロス
ザ・マスミサイル-教科書







【墓守】
優先して考えるべきデッキです。
現在所持しているデッキの中で一番の古株で,最も信頼している相棒ポジションでもあります。

今回の制限改定による影響は,
《強欲で謙虚な壺》→安定性が落ちる
型によっては
《緊急テレポート》→シンクロが行いやすくなる
《聖なるバリア-ミラーフォース-》→展開されても返しやすくなる
《月読命》→《墓守の偵察者》の再利用や《ワンダー・ワンド》のコストに

《強欲で謙虚な壺》の代わりに《次元幽閉》辺りを採用し,続行する予定でしたが
この頃の対戦から
・《スキルドレイン》
・高打点ゴリ押し
・《魔宮の賄賂》
が有効であるという感想を得た為,
実験的にそれらをメインから採用していくことにしようかと思っています。
や,《次元幽閉》も入れますけれども。

《王家の眠る谷-ネクロバレー》により墓地依存度の高いデッキの大半に対しては比較的優位に立てます。
しかし,最近では《王家の眠る谷-ネクロバレー》が効かないタイプの墓地利用デッキや
そもそも墓地にあまり拘らないようなデッキの活躍も増えています。
それらのデッキは,凶悪なモンスター効果と高い攻撃力を兼ね備える場合が多く
やや戦い難く感じることが度々ありました。
そこを克服する為の《スキルドレイン》&高打点ゴリ押しとなります。

《強欲で謙虚な壺》が2枚ということで,手札に来る確率を上げる為に《スキルドレイン》は3枚採用。
ダブってしまう危険も上がりますが,《サイクロン》によって割られやすいという危険もあるのでお相子です。

バレーの守護,打点の確保という狙いから《Sin スターダスト・ドラゴン》も3枚にしてみます。
《ヴェルズ・サンダーバード》など,《スキルドレイン》との相性が悪いモンスターはメインから抜き,
サイドデッキ要員であった《神獣王バルバロス》をメインに入れてみました。
逆に,サイドデッキには《魔導戦士 ブレイカー》といった
《スキルドレイン》の無い場合に活躍するモンスターも採用しました。

《魔宮の賄賂》が持つ,相手に1枚ドローさせてしまうデメリット効果は
細かなアドバンテージを稼ぐデッキへの採用は敬遠される傾向にあります。
ですが,《スキルドレイン》《王家の眠る谷-ネクロバレー》により,
相手の手札に役に立たないカードを生み出せることを考えれば
他のデッキに比べれば,リスクは抑えられるはずです。
除去罠の割合は高めになりそうですね。

《強欲で謙虚な壺》が1枚減ったことで,序盤に《王家の生け贄》が決まる確率も下がりました。
加えて,一過性のものか長期的なものかはさておき【暗黒界】使用者が増えそうな気がするので,
2枚ともサイドデッキに置いてみました。
周囲からは「先行《王家の生け贄》率が高い」と評判(?)だっただけに
使用機会が減ってしまうのは残念です。

しかし,ここで【墓守】の代名詞(?)《墓守の偵察者》が邪魔に感じるというまさかの事態に。
こんなことは今までありませんでした。
《神獣王バルバロス》や《スキルドレイン》のせいか,
輝ける場面が減ってしまったような気がします。
試しに《墓守の偵察者》を抜いてみると,意外に問題無く回りました。


環境対策

【ラヴァル】
《王家の眠る谷-ネクロバレー》の存在から敗けにくく,むしろ流行してほしいです。

【水精鱗】
高打点で押し切れることがかなり多く,バレーも地味に有効です。

【エクシーズHERO】
ランク4エクシーズ・融合にスキドレは効き目が薄いですが,どうにか除去で立ち向かうしかありません。
ワンショットキルさえ一度凌げれば,切り返しは可能です。

【HEROビート】
奇跡融合・ブラストはバレーで止まり,打点ゴリ押しで結構いけます。
除去に対して,聖槍と賄賂のタイミングが鍵を握りそうです。

【暗黒界】
スキドレもバレーも効かない難敵ですが,サイドのメタを活用すれば。
基本は,打点とフィールド魔法の張り合いを制した側が勝ちます。
門だけはサイクロンや賄賂で止めておきたいです。

【六部衆】
高打点やスキドレで意外と戦えます。
バレーは師範・活人剣術等に有効です。

【スキドレギアバレー】
似た者同士,プレイングで差をつけるしかなさそうです。
泥沼になりそうな予感がします。
サイドラが重要になります。

【ガジェット】
スキドレが大いに刺さります。
最近はギアXが多いので,サイドからサイドラもありかもしれません

【代行天使】
バレーによりヒュペは出ず,下級モンスターや低ランクエクシーズにはスキドレが効きます

【甲虫装機】
バレースキドレがあれば負けないはずです

【ヴェルズラギア】
サンダーバードは腐り,除去を聖槍で潜れば打点で押せます。

【スキドレラビット】
スキドレも次元も苦にならないので,お互いバルバの押し合いになりそうです。
司令官でアレキもワーウルフも突破できるのは大きいと思います。

【カラクリ】
モンスターはスキドレ頼り,トラスタは賄賂頼りです。
ミラフォで吹き飛ばしたいです。

【インフェルニティ】
バレースキドレは有効,先行オーガブレイクさえ無ければ大丈夫かと。

【聖刻】
打点負けが減った分以前より戦いやすいです。
伏せを守り切る,
スキドレでパワーゲームに持ち込むことが出来れば。


結論

【墓守】をもう一種類組むことにします。
従来の【墓守】については,あまり形を崩すようなことはせず
別にパワータイプの【墓守】を組んでみました。
現実,環境デッキ(前環境も含む)に対してはパワー型の方が勝率が高いです。
ただ,安定性や対応力から見れば従来型が上のようで。
ひとまず,新環境実装の大会で通用するか様子を見ることにします。
どちらも一長一短なのです。


他では,
【マドルチェ】
【ジェネクス海皇忍者】
【忍者ラギア】
【スキドレTGワンフー】
【次元代行天使】
辺りも,組みようによっては十分に戦える部類だと信じたいので
これから色々と練っていきたいと思います。

パーツだけで見ると【暗黒界】一式が揃っているのですが……
SDを1つも買っていないというのに気が付くと揃っていた不思議。
試しに組んでみても良いかもしれませんね。

それと,《アレキサンドライドラゴン》と《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》が使いたいので
【カオス忍者】だとか【カオス兎】辺り,組むことになるかもしれません。
《輝光子パラディオス》や《魔界発現世行きデスガイド》が楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

自分の記事なんかより参考になりそうです。

スキドレ型にSinスターダスト三積みとは…
サイバーエンドの間違いではないですよね?

2012.08.28 13:51 Leaf #- URL[EDIT]
返信→Leafさん

いえいえ,ただの一例に過ぎませんし,まだまだ試験運用の域は出ません
Leafさんの墓守構築の柔軟な発想こそ,大変参考になります!

サイエンも入っていますが,Sinスターダストも三積みです~
スキドレが引ければ万々歳なのですが,無い場面でのバレーの脆さから星屑を増量しました
どうしても破壊を免れないことが多いので,安全を重視してみたのですが
打点的に見れば間違い無くサイエンが優秀ですよね

六部衆や暗黒界が流行すれば4000打点を頼りたくなりますし
確実にスキドレを引き,守り抜く運命力を手に入れた後はサイエンに変わるかもしれません

2012.08.28 21:42 右折 #- URL[EDIT]

そんなことないですよ

自分はスキドレがある前提でないとまともに場を作れないサイエンが嫌なんですよね

暗黒界は思ったより流行らないような気がしてきましたね

自分は運命力はないのでおとなしく旧型でがんばります(笑)

2012.08.30 22:05 Leaf #- URL[EDIT]
返信→Leafさん

サイエンは二撃で決着がつく高打点が魅力ですね~
大抵は召喚反応罠を踏む役に就いてもらうことになりますけれども

旧型新型という括りで書いてしまいましたが
最早【墓守】よりも【スキドレバレー】に近いと感じています
「墓守」が2種6枚になってしまっている状況なので……

新旧拘らずに,環境に即した【墓守】を考えていきたいですね!

2012.08.31 16:45 右折 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。