エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 月読命の行く末を案ずる
カード考察 > 月読命の行く末を案ずる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

月読命の行く末を案ずる

お久しぶりです。
暫く遊戯王から離れていましたが,時代も流行も移り変わるのは早いものですね。
情報が溢れていて追いつくのに一苦労です。
なんでも《月読命》さんが大人気だとか。
ネットショップやオークションでも売り切れ続出らしいですが,本当ですか。
当時を回想してノスタルジー。
《月読命》さんについての考察です。
皆に「お帰り」と言われて嬉しいのだけれど素直になれず「直ぐ暴れて規制されてやるさ」とか決め顔しちゃう月読命さん可愛い
くるり-三日月




《月読命》の働き加減

06/09/01の制限改定で禁止カードに指定され,
今季の12/09/01制限改定で6年ぶりに現役復帰する運びとなった《月読命》さん。
なにやら,高騰の体を見せ始めているようですね。
しかし,当時と現在では環境が異なります。
あの頃は【バブーン】や【カオス】が跋扈していました。
《強奪》や《王家の神殿》,《サウザンド・アイズ・サクリファイス》が使用不可となったのもこの時代からです。
懐かしいものです。

次期環境の流行デッキについては,おおよその予想がつきますが
はたして,そのなかで《月読命》さんの職場はあるのでしょうか。


かつては,「月読命ライン」なるものを生み,守備力1100を下回るモンスターの価値を貶めたものです。
その効果の強力さは《交響魔人マエストローク》で体感済みの方も多いでしょう。
つまりは,そういうことです。

相手モンスターを裏側守備表示にして戦闘破壊するだけならば《交響魔人マエストローク》で事足ります。
あちらは1800まで突破可能で,破壊耐性まで付属しています。
星4を2体揃えることも,エクシーズサポートの充実した今では難しくありません。
デッキによっては召喚権を使わずとも召喚可能で《月読命》よりも扱いやすいかもしれません。
メインデッキを圧迫することもないですし。


召喚権を使用せざるをえないというのが使い難さの根源であると思います。
現在の環境デッキは,そのほとんどがテーマデッキであり,通常召喚がとても重要視されます。
サーチであったり,展開であったり,デッキ毎に異なりますが,
召喚権を使うことで戦術が成り立つものがほとんどです。

そこで,《月読命》に1ターンに1度の貴重な権利を割けるデッキがどれほどあるかというと……。
現実として,強力な除去効果を持ちながらも採用率は低いというモンスターは少なくないのです。
相手ターン中の効果発動を可能とする《血の代償》の制限も厳しいです。


評価される理由の一つに「毎ターン手札に戻るから再利用が出来る」ことがあります。
しかしながら,それもまた昔の話であります。
《神の警告》《激流葬》等まともに召喚を許さない妨害罠カードの採用率上昇などが向かい風です。

似たような立場である,シンクロ・エクシーズ等特殊召喚モンスターに対する除去として働き
再利用も可能な《N・グラン・モール》が使われているかどうか。
環境の厳しさを物語っていますね。

反論として,《N・グラン・モール》は戦闘を介さねば効果発動すら出来ない,という意見が出るかもしれませんが
《月読命》が非戦闘で行えるのは裏側守備表示にするところまでで,除去を行うにはやはり戦闘を介します。
他のモンスターに攻撃させようにも,召喚権を《月読命》に割いたことがここで響いてきます。
戦闘を介さずに除去が行いたければ《ならず者傭兵部隊》もいます。再利用も容易です。

また,手札に戻ることは,【暗黒界】等において高い確率で採用される《マインドクラッシュ》の絶好のカモとなり得ます。


ここまでこき下ろしましたが,勿論優秀な面も持っています。
何事も表裏一体なのですね。

一つは,リバースモンスターの再利用です。
当時も《メタモルポッド》使用型の【デッキ破壊】に投入されていたようですが
強力なリバースモンスターの効果を再利用する目的での使用ならば戦闘を介さずにすみます。
勿論,《エフェクト・ヴェーラー》という脅威との戦いとなりますが。
【甲虫装機】の減少できっと《エフェクト・ヴェーラー》も減っていくことでしょう。


もう一つは,ステータスの利用です。
星4/闇属性/魔法使い族/攻1100という恵まれた境遇にある為
墓地でカオスの材料とするなり(《カオス・ソーサラー》の制限は痛いですが)
魔法使い族特有のサポートを活かすなりすれば(特殊召喚不可は苦しいですが)
活躍出来るはずです。

効果発動後に《ワンダー・ワンド》で打点強化・ドロー変換したり,
《緊急テレポート》で《サイコ・コマンダー》をリクルートして《アーカナイト・マジシャン》をシンクロすれば
効果も使えて,光属性と闇属性も揃って一石二鳥ですね。
使われるかどうかはともかく。

攻撃力1100は奈落に落ちないというメリットです。
《王虎ワンフー》には手も足も出ませんが。


また,《ライオウ》を無力化する手段として利用するのも良いでしょう。
というか,この目的での採用が無難で一番多そうです。

ただし,その場合には,召喚権を使わずにすむ《フォトン・スラッシャー》もおります。
勝るのはメインフェイズ1で《強欲で謙虚な壺》を使いたい場合とかですね。
《インヴェルズ・ローチ》対策としても《月読命》が勝ち越し。
《大天使クリスティア》等一度裏側にさえしてしまえば怖くないモンスターの出現率が高まれば需要も上がるはずです。


そして,忘れてはならないのがスピリットとしての特性です。
ターンの終わりにデッキに戻るという特性は例え相手の場であっても容赦無く発動する為,
《強制転移》等のコントロール転移との相性は言わずもがな。
【スピリット】,特に下級軸にとっては嬉しい釈放です。


メインデッキから投入するデッキはさほど多くないでしょう。
【メタビート】【スタンダート】【スピリット】【リバース】【転移】等々。
しかし,サイドデッキ要員としての採用は一考の価値ありです。
無くて困るという人は,そこまで多くはないけれども
あって良かったと感じる人も確かにいる。
そんな感じだと思います。

《スキルドレイン》なんて怖くないです。本当に。
関連記事
スポンサーサイト
相互リンクのお願いです。

初めまして。ニーギといいます。
ブログで遊戯王カードを参考にさせて頂いてます。
もし宜しければ、相互リンクをしてもらえないでしょうか?

タイトル:ニーギの日常&ゲーム奮闘記
URL:http://nigigamedairy.blog.fc2.com/

遊戯王やゲーム、日常の話をするブログです。

2012.08.17 20:30 ニーギ #- URL[EDIT]

毎回毎回参考になります。
個人的に墓守に採用するのもいいかなと一時期考えましたが偵察者に使う場面が少なく抜けていきました。

右折さんはどう思われますか?

2012.08.17 20:51 Leaf #- URL[EDIT]
返信→ニーギさん

はじめまして
相互リンクのお誘いありがとうございます!
喜んでお受けいたします

これからよろしくお願いします~

2012.08.18 17:47 右折 #- URL[EDIT]
返信→Leafさん

ありがとうございます!
墓守に採用も十分アリだと思いますよ~
再利用に拘らず,偵察者に使えれば儲けもの位の考えで使用しても良いのではないでしょうか
守備力が低いモンスターが多い【六部衆】や【海皇水精鱗】には戦闘補助として有効ですし,
ライオウのせいで強欲謙虚や司令官が腐るのを防げるのもポイント高めです
サンダーバードとの併用も強力ですね~
スキドレ型とは相性が悪いですが,そこは無理に入れなければよいだけの話ですから

コツコツとしたアド取が重要なデッキにおいては力を奮ってくれると思います

2012.08.18 18:02 右折 #- URL[EDIT]

相互リンクありがとうございました。
こちらもリンク貼らせて頂きました。
これからも宜しくお願いします。

2012.08.18 23:29 ニーギ #- URL[EDIT]
返信→ニーギさん

ありがとうございます
こちらこそ,よろしくお願いいたします

UFOキャッチャー苦手なので参考にさせて頂きます(汗)

2012.08.19 23:00 右折 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。