エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 【水精鱗】対策を練り練り
考察・感想 > 【水精鱗】対策を練り練り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【水精鱗】対策を練り練り

前に参加した遊戯王の非公認大会で【水精鱗】が決勝まで残っていたことから,
これは対抗策を練っておいても損は無いなと思いました。
9月の新制限後,現環境デッキが衰退してから頭角を現してくる可能性も無きにしも非ずなのです。

【水精鱗】のアラ探し(魚だけに)
実際,ほぼ【海皇水精鱗】の型となるので,【海皇】の弱点探しも必要になります。
攻略の糸口を見つけられれば。

海皇と水精鱗は全て海竜族だと思われがちですが,海竜だったり魚だったり水だったりと意外とばらけているのでした

鬼束ちひろ-私とワルツを



脳内構築やプロキシでデッキを組むことが出来ない人間なので,そのデッキの回し方を知るには,
数多く相手取るよりも自分で使ってみる方が手っ取り早いと思い,友人の組んだデッキを使用させてもらいました。

【水精鱗】にも色々とパターンや型があるのでしょうが,
機会が持てたのは【海皇水精鱗】と【ジェネクス海皇水精鱗】の2タイプです。
【純水精鱗】という型は見かけませんね。

まず,使ってみた感想として,アドバンテージ差を広げやすいという強みを感じました。
除去とサーチ(サルベージ)を同時に行える【甲虫装機】を彷彿とさせる動きが可能である為,
コンボの積み重ねで毎ターン徐々に差が開いていきます。
手札消費が大きいですが《サルベージ》等のおかげで使い回しが捗ります。
《アビスフィアー》+《水精鱗-アビスリンデ》,《深海のディーヴァ》+《海皇の重装兵》の組み合わせが好きです。
捨てられた際に発動する効果が《エフェクト・ヴェーラー》《スキルドレイン》《デモンズ・チェーン》でも無効にされないのも強みですね。


同時に感じたのが,最初の手札に「捨てられるモンスター」と「捨てるモンスター」が揃っていない場合の動き難さです。
【甲虫装機】と違い,役割が完全に分担されている所に調整が感じられます。
《水精鱗-アビスパイク》があるのと無いのとでは安定性が大きく変動します。
《水精鱗-メガロアビス》も強力ですが,《強欲で謙虚な壺》で呼び込んだターンには使用不可です。
《ジェネクス・ウンディーネ》は初動として良いものの,《ジェネクス・コントローラー》の投入が義務付けられる為
キーパーツの多いこのデッキにおいては,手札事故へと繋がりやすい一面もあります。

次に,《エフェクト・ヴェーラー》が予想以上に厳しいです。
先程,除去が無効にされないのが強いと言った舌の根も乾かぬうちですが
動き出しでは,除去が通ることよりも手札や場を整えることが優先です。
《エフェクト・ヴェーラー》により《ジェネクス・ウンディーネ》や《深海のディーヴァ》が止められた場合,
動き出しに失敗するだけでなく,低い攻撃力をさらけ出したまま相手にターンを回すこととなります。
《水精鱗-アビスパイク》等でも同様です。
サーチ&サルベージが基本となるデッキなだけに,【海皇】【水精鱗】共々厳しい戦いを強いられます。

↑ご指摘頂きありがとうございました。


続いて,打点不足が目につきました。
下級モンスターの打点は総じて低く,【ハイビート】系デッキとはまともな戦闘になりません。
上級でも《水精鱗-メガロアビス》に《アビスケイル-クラーケン》の強化を加えたと仮定しても最高打点は2800。
《氷霊神ムーラングレイス》や《海皇龍 ポセイドラ》を採用した場合でも2800です。
シンクロ,エクシーズや各種除去で対抗出来るだろうと高を括っていたのですが
使用していると対処に困る場面が多々ありました。
【HERO】の《E・HERO The シャイニング》が突破出来なかったりします。

また,火力の不足もあります。
【海皇水精鱗】にはいくつか8000を削り切れるコンボが存在しますが
現実,妨害や手札誘発により決まり切らない展開も多いです。
1ターンに一度の制約が原因で“回し切る”ことが出来ないのです。
コンボの手札消費が激しいことは,その後の超回復が可能であり問題にならないのですけれども
成立させる為に手札にカードを集めるには現環境では遅く,それ自体が妨害される可能性があります。
コンボやサーチが強力な分,それらに頼り過ぎるデッキとなるのは危険ですし
仮に成立したとしても,相手を倒し切れないことがある,これはよろしくありません。

最後に,誰もが分かり切っていることではありますが,除外が非常に苦しいです。
墓地に送られた場合に効果が発動するものばかりである為《マクロコスモス》が効果が抜群なのです。
このデッキでは汎用除去を《海皇の重装兵》と《海皇の狙撃兵》が担っており,
《マクロコスモス》により,この2枚が機能を停止した結果,《マクロコスモス》の除去が更に困難になるというスパイラル。
もはや《サイクロン》が手札に来ることを祈るしかなくなります。
シンクロで除去しようにも《海皇の重装兵》と《海皇の狙撃兵》で割れなかったセットカードの妨害が遅い来るでしょうし。
【次元】系のデッキと当たったら悪夢ですね。


まとめると
・手札が安定しない
・序盤の効果無効が苦しい
・打点が低い
・火力が低い
・サーチを前提としたコンボへの依存
・次元への脆さ(墓地への依存過多)


これらを踏まえた具体的な対策としては

①サーチメタ(《強欲で謙虚な壺》,《水精鱗-アビスパイク》,《海皇の竜騎隊》)
サーチを禁ずるハイビートモンスター……《ライオウ》
サーチ直後に墓地に叩き落す……《マインドクラッシュ》《強烈なはたき落とし》

②墓地メタ(《水精鱗-アビスグンデ》,《サルベージ》,《水精鱗-アビスタージ》)
永続墓地封印……《王家の眠る谷-ネクロバレー》
汎用墓地メタ……《転生の予言》

③次元,除外(海皇全般,水精鱗全般)
全除外……《マクロコスモス》《先行の追放者》
モンスターのみ……《次元の裂け目》

④モンスター効果無効(序盤の《ジェネクス・ウンディーネ》や《深海のディーヴァ》)
手札から……《エフェクト・ヴェーラー》
場から……《禁じられた聖杯》《スキルドレイン》《デモンズ・チェーン》等


⑤ワンショットキル防止
手札誘発……《冥府の使者ゴーズ》《トラゴエディア》等
墓地誘発……《ネクロ・ガードナー》
場で……《威嚇する咆哮》

⑥高打点

⑦特殊召喚メタ





【次元兎】
新制限が怖いですが,《マクロコスモス》が使い易いです。
兎用の通常モンスターの打点も高め。

【スキドレギアバレー】
ネクバ,スキドレ,ライオウ,高打点が揃っています。

【チェーンバーン】
除去が飛んでくるのは基本的に相手ターンのみ。

【スキドレ兎】
効果無効+高打点。
バルバロスが頼もしいです。


何処かで誰かが結果を残してくれれば一気に【水精鱗】ブームが来るかもしれません。
【ギアギア】みたいに。


関連記事
スポンサーサイト

ジェネクスウィンディーネってヴェーラーで止まりますか?
墓地に落とすのはコストなんでヴェーラー撃たれてもジェネコンがサーチできなくなるだけだった気がするのですが

2012.07.31 12:53 レイジー #gvcjMwrE URL[EDIT]
返信→レイジーさん

ご指摘ありがとうございます

うわあ……
これは恥ずかしい間違いです
テキストにも「送って発動」と書いてあるというのに何故気が付かなかったのか

今後,気を付けます

2012.07.31 18:07 右折 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。