エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > ABYR考察 一
パック考察 > ABYR考察 一

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ABYR考察 一

遊戯王最新弾ABYSS RISING(略称ABYR)の考察になります。
一応全カード分行う予定なので,ぐだぐだにならない様頑張ります。

使えるカードを探すよりも,使いたいカードを見つけることに尽力します。
偏見とロマンへの偏向が随所に見られますが,ご了承ください。

真似したくなるこの構え。え,私だけですか?

THE BACK HORN-世界を撃て

ABYR-JP001~ABYR-JP005まで。





《ガガガカイザー》 Rare
新たに加わったガガガ学園のお友達。
墓地のモンスターを除外することで,場の「ガガガ」のレベルを統一する程度の能力を持ちます。
これにより,《ガガガマジシャン》では不可能だったランク9,10のエクシーズも狙えるようになりました。
《トラゴエディア》と一緒にどうぞ。
ランク9,10の皆さんから一言。
《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》「海外では修正されてしまったが……(この中でまともに使えるの俺だけじゃね…?)」
《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》「アニメではかませだったが……(いやだ…働きたくない……)」
《超次元ロボ ギャラクシー・デストロイヤー》「カイト編で【ギャラクシー】テーマ化ktkr!

しかし,一見強そうなのですが【ガガガ】では
《ガガガマジシャン》と《ガガガガール》でランク5,6,7を出していく方が安定するのが悲しい所です。
《増援》サーチ対応を売りにしようにも《ガガガガードナー》がいますし。
星4/地属性/戦士族/守備2000で特殊召喚可能かつ生き残りやすい《ガガガガードナー》さんは結構ガチでもイケる強さです。

シンクロに使用出来なかったり,攻撃制限があったりするのも蛇足感があります。
リクルーターにも対応してませんしねえ。
ここは素直に「ガガガ」サポートの対象が増えたことを喜ぶべきなのかもしれません。
あ,コストで除外したモンスターを《D・D・R》で帰還させてエクシーズというのはそこそこ使えそうです。
《ガガガリベンジ》もあるので《アームズ・ホール》採用の【装備ガガガ】なんてのも組めるかもです。



《ブルブレーダー》 Rare
《ゼンマイジャグラー》に酷似した能力を持ちます。
異なる点は,生き残りさえすれば何度でも効果の発動が出来る点と戦闘ダメージが無い点。
1600でこの先生きのこるにはどうすべきなのでしゃうか。
勿論打点負けしても相手を道連れに出来るのですが,複数回の効果発動を狙うのであればターゲットとしたいのは
高守備力や戦闘破壊耐性を持ったモンスター達になりますね。
《安全地帯》《禁じられた聖衣》で守ってあげたり,《アサルト・アーマー》で連続攻撃したり。
『戦士族だからサーチ,再利用,エクシーズ素材として有用』なのですが,下級戦士族の層は厚く,
守備表示モンスターをデッキに戻す《ライトロード・モンク エイリン》
裏守備のまま墓地に送り込む《ミスティック・ソードマン LV2》がいる他,
明らかに使い易い《ならず者傭兵部隊》《異次元の女戦士》も控えています。

戦士族という高待遇だからこそ使われなさそうで不憫でなりません。
もっと恵まれない種族やテーマのカードとして登場したならば使われるかもしれないというのに。
類似効果を持つモンスターの《ハイパーハンマーヘッド》と《ゼンマイジャグラー》は
●恐竜族ゆえ,《化石調査》サーチ対応で《エヴォルカイザー・ラギア》の素材になれる(加えてバウンス最強説)
●サイキック族サポートと【ゼンマイ】サポートが受けられる(その上,どちらも優秀なモンスターはそう多くない)
という条件があってこそ使われるのですよ。



《アチャチャチャンバラー》
ランク3で超絶バーン効果を持ったエクシーズが登場すれば……それでも厳しいです。
《潜航母艦エアロ・シャーク》「呼ばれた気がする
《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》「だな

《ダメージ・メイジ》と違い,ライフを回復出来ない代わりに相手にダメージを与えた場合でも特殊召喚可能。
しかし,400のバーンダメージは火力としてはいささか心許無く
星3のモンスターを特殊召喚したければ《マジック・ストライカー》で間に合うのです(こちらも戦士族ですし)。
物凄く限定的な条件の下で無限ループが出来るそうですが(Wiki《アチャチャチャンバラー》参照)
誰が使うのでしょう。

ランク3に「アチャチャ」と名のついたモンスターを素材に指定する【アチャチャ】エクシーズが出るまで待ちましょう。



《モグモール》
《ジャンク・シンクロン》に対応するけれども,タイミングを逃しかねない《ドル・ドラ》。
攻撃から身を守りたいのであれば戦闘破壊耐性持ちのモンスターを使うべきです。
獣族という点を活かせば《森の番人グリーン・バブーン》のお供として使えるかもしれませんが。

鬼畜モグラを彷彿とさせる見た目の割には,平和的な効果で安心しつつもやや失望といった感じです。


《グランドラン》
《極星獣グルファクシ》のエクシーズ版。
これに尽きます。
こちらは攻撃力が無い代わりに守備が1600です。
その為,《デブリ・ドラゴン》で墓地から釣り上げてのエクシーズが可能です。
「だから?」と言われても仕方がありません。
他に特殊召喚可能な星4が多すぎるのがいけないのです。

名前は結構好きです。




次回はABYR-JP006 《トライポッド・フィッシュ》から。
シャークさんカッコいいー(棒)

帰宅時間が遅かったのでたったの5枚分しか書けませんでした。
ごめんなさい。
今度はもっと頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。