エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 効果確定早く
カード考察 > 効果確定早く

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

効果確定早く

一応それらしい情報は出たけれども,効果確定とまでは言い難い。
そんなカードたちです。

《モノ・シンクロン》
《スチーム・シンクロン》
《オレイカルコスの結界》

遊戯王はどこへ向かっているのでしょうか。

発動した決闘者は必ず敗ける,まさに魔のカードである(ただし対城之内・ペガサスを除く)


小松未歩-謎


《モノ・シンクロン》
レベル1・闇属性・機械族・チューナー/効果 ATK/0 DEF/0
このカードをシンクロ素材とする場合、
他のシンクロ素材モンスターのレベルは1となる。(アニメ効果)



《スチーム・シンクロン》
レベル3・水属性・機械族・チューナー/効果 攻撃力600/守備力0
自分フィールド上に「スチーム・シンクロン」以外のモンスターが特殊召喚された時、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
自分は相手のメインフェイズ時にシンクロ召喚をする事ができる。(アニメ効果)



どうしてこうなったのやら……。

《マッハ・シンクロン》は,
《強化蘇生》は,
《TG ギア・ゾンビ》は,
《チェーン・リゾネータ-》はどうなったのか。

答えてください,ルドガーさん!
------「きっと次回に持ち越しなんだ」

正式なテキストが出てから考察をする予定です。
《モノ・シンクロン》は画像と比べるとテキスト量が明らかに足りないので付加効果があると見るべきでしょう。

《モノ・シンクロン》は,《シンクロン・エクスプローラー》で蘇生後に即《フォーミュラ・シンクロン》を出せる点は評価。
ただし,強制効果でもあるので使い難さが目立ちます。
《フォーミュラ・シンクロン》が制限解除されればまた違うのでしょうが。

《スチーム・シンクロン》はなかなか強いです。
《TG ワーウルフ》的に出せるチューナーは面白いですね。
相手ターンにシンクロ召喚が行える効果も便利ですし。
相手ターンにも黒薔薇を咲かせられます。
とりしゅーらさんが出せたら言う事無いのですが,ここは《ミスト・ウォーム》に一任するしか。


《調律》がまた輝く日が来るのでしょうか。

値段暴落後に手放すタイミングを逃したまま3枚ファイルに眠っているのです。役立つかな?



さて,今最も話題であるといっても過言ではない《オレイカルコスの結界》。
アニメではカード名やテキストがエノク語で記されていた為,正確なカードテキストは存在しません。
その結果,数多くのオリジナルカードが制作される中でも微々たる違いが生まれています。


大凡の効果は
・発動後はいかなる魔法・罠・モンスターの効果によっても破壊されず、効果を無効にすることもできない
・自分フィールド上の全モンスターの攻撃力を500ポイントアップさせ、
 さらに魔法・罠ゾーンにもモンスターを召喚できるようになる
・魔法・罠ゾーン(後衛)のモンスターは、モンスターゾーン(前衛)にモンスターが存在する限り
 相手から攻撃されない(自分のターンには攻撃に参加できる)



実際にはどうなるのでしょう。

公式ヒントとして

The Seal of Orichalcos is a Field Spell card with three key powers:
1. Gives all your monsters +500 Attack Points.
2. Highly resistant to removal from the field.
3. Allows your stronger monsters to protect your weaker ones.
1.すべてのモンスターの攻撃力を500アップ
2.フィールドから離す効果に強い耐性
3.強力なモンスターが弱いモンスターを守ることができる


が書かれています。


予想されるテキストにも結構ばらつきがあるんですよね。


・2005年にUpperDeck社が配布したプロモカード版(使用不可)

《オレイカルコスの結界》
フィールド魔法
このカードはいかなる場合にも無効にならず、破壊および除外することもできない。
自分フィールド上に存在するモンスターは攻撃力が500ポイントアップする。
自分フィールド上に前衛モンスターが存在する限り、後衛モンスターを攻撃することはできない。
このカードを手札から墓地に送る事で、あらゆるカードを無効にし破壊する。
このデュエルに敗北したデュエリストは勝者に魂を奪われる。


これが現在最も信頼のおけるテキストなのですから,不安は募ります。

制作されたオリカを見ると様々な解釈がなされています。


《オレイカルコスの結界》
フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分フィールド上のモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
また、自分フィールド上の魔法&罠カードゾーンはモンスターカードゾーンとしても扱い、
自分は魔法&罠カードゾーンにモンスターカードを召喚・特殊召喚できる。
自分フィールド上のモンスターカードゾーンと魔法&罠カードゾーンにモンスターカードが存在する場合、
相手はモンスターカードゾーンのモンスターを攻撃対象に選ばなければならない。
このカードは魔法・罠・効果モンスターの効果を受けない。
このカードが存在した状態で敗北したプレイヤーはデュエル終了後に自身の魂を失う。



《オレイカルコスの結界》
フィールド魔法
このカードの発動にチェーンすることはできない。
このカードは破壊・除外されない。また、手札・デッキに戻されない。
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分フィールド上のモンスターはダークモンスターとなる。(攻撃力500ポイントアップし闇属性となる)
また、1ターンに一度、通常召喚を行う代わりに自分フィールド上の魔法・罠カードゾーンに
モンスターを通常召喚扱いで召喚できる。
さらに、モンスターカードゾーンに存在するモンスターを前衛、
魔法・罠カードゾーンに存在するモンスターを後衛とする。
前衛にモンスターが存在する限り、後衛のモンスターは攻撃対象にされない。



流石に魔法罠ゾーンにモンスター配置の効果はそのままOCG化した場合,調整中の嵐となることが目に見えておりあまり期待は出来ませんが,
強固な除去耐性には期待したいです。

【地縛神】の自壊が無くなり,ダークシグナー大歓喜ですし,
《救世の美神ノースウェムコ》の破壊耐性をより堅牢なものとすることが可能です。

ひょっとしたら《クローザー・フォレスト》のように,フィールド魔法を主軸とするデッキへのメタとなり得るかもしれません。

攻撃力500上昇が更にワンショットキルに拍車をかけるかもしれません。

弱いカードを守れるという事は
《究極完全態・グレート・モス》「ようやく時代が追いついたようだな」
《眠れる巨人ズシン》「TAG FORCEでもお馴染み。また,みんなに会えるね」
という可能性も微粒子レベルで存在するかもしれません。


日本で使用できる日がいつになるかは分かりませんが,楽しみにしています。
《オレイカルコス・デウテロス》と《オレイカルコス・トリトス》も出るのかしら。
関連記事
スポンサーサイト

http://muryougeemu.blog.fc2.com/

遊戯王のブログをやっています よろしければ相互リンクお願いします
こちらはもうりんくはりました<・v・>

2012.07.14 14:36 匿名 #- URL[EDIT]
返信→ユーセーさん

相互リンク,喜んでお受けします
速報系のブログさんと相互リンクさせていただくのは初めてです
筆が遅い私も,その更新スピードを見習いたいです
これからよろしくお願いします

2012.07.14 20:01 右折 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。