エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 【サンダーバード・コントロール】とは
デッキ > 【サンダーバード・コントロール】とは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【サンダーバード・コントロール】とは

表題通り,【サンダーバード・コントロール】の考察。
名前ばかり有名になったような感覚ですが,その実態とは。

《ヴェルズ・サンダーバード》は本当に強かったです。
最近強いと思ったもので書いたことが珍しく正しかったですね。
何が評価されるか分からないのが遊戯王の常です。

リヴァイエールで奪われた時の胸を貫く悲壮感は如何ともし難いものである

SURFACE-さぁ



《ヴェルズ・サンダーバード》
効果モンスター
星4/闇属性/雷族/攻1650/守1050
魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、
自分フィールド上のこのカードをゲームから除外できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
この効果で除外したこのカードは次のスタンバイフェイズ時にフィールド上に戻り、
攻撃力は300ポイントアップする。
「ヴェルズ・サンダーバード」の効果は1ターンに1度しか発動できない。


驚異的な場持ちの良さを誇り,更には1900打点を次々と薙ぎ倒す優秀な下級モンスター。
ならば,当然主軸とするデッキが存在するはず。

しかし,【サンダーバード・コントロール】は定まった存在ではありません。

《ヴェルズ・サンダーバード》が活躍するコントロールタイプのデッキであれば全てそう呼んでも不自然は無いわけで。

意味は無いかもしれませんが,思いついた分分類してみます。










・【メタビート】型
数多のメタカードを投入したビートダウン,【メタビート】に採用される場合。

【メタビート】では一気に枚数的なアドバンテージを奪うコンボが存在せず,比較的モンスター数が少ないことが多いです。
それに加え,モンスター再利用系のカードが使われることはあまりありません。
その為,相手が除去カードを豊富に用意したデッキである場合,モンスターが尽きることによって敗北することもありました。

それを救った救世主が《ヴェルズ・サンダーバード》であります。

大量の伏せカードとメタモンスターで相手の動きを妨害しつつ,《ヴェルズ・サンダーバード》で数回小突けば勝利です。
相手の戦術を無効化したけれど,モンスター切れのジリ貧勝負で負けてしまう,という心配が無くなりました。

食らうと致命傷にもなりかねなかった《激流葬》と《ブラック・ホール》を耐えられるのが嬉しいですね。


《ライオウ》
《王虎ワンフー》
《閃光の追放者》
《異次元の女戦士》
《死霊騎士デスカリバー・ナイト》←相性悪いですが……


KONAMIさん,【メタビート】の夜明けも近いですぞ。





・【チェーンビート】型
《ヴェルズ・サンダーバード》とともに,【チェーンカード】を採用する場合。

除去を回避しつつチェーンを積み上げる為に役立てようというわけです。
これが一番それらしいですね。
デッキの根本が【除去コントロール】なだけに【コントロール】色が強いデッキです。

基本的には《ヴェルズ・サンダーバード》に《積み上げる幸福》を合わせて手札を確保しつつ,戦うことになります。

《積み上げる幸福》を安定して運用していく為には,
《鳳翼の爆風》《強制脱出装置》《サンダー・ブレイク》《サイクロン》《禁じられた聖槍》等々
フリーチェーンのカードを多めに積む必要があります。
セットカードが多くなる為,《スターライト・ロード》も扱いやすいです。
《魔宮の賄賂》等で守るのも良いかもしれません。

フリーチェーンで常時《ヴェルズ・サンダーバード》が回避を続けられることが強みであり,モンスターの総数は少なくても構いません。
というか,回しているうちに邪魔になって抜けていってしまうはずです。

その結果,召喚権をあまり使わずに済むので《カードカー・D》が非常に使い易くなります。
《ヴェルズ・サンダーバード》を手札に呼び込み,バックの増強も可能なので。
《N・グランモール》のようなカードも好相性です。

《積み上げる幸福》《カードカー・D》《強欲で謙虚な壺》が三大ドローソース。

また,《マクロコスモス》の影響が薄いので,メインからメタカードと割り切り採用するのも手です。


そして,前々回の記事で書いた【闇属性雷族】もこれに近いものです。
ただし,《ヴェルズ・サンダーバード》が主役ではなくなりますが。
や,補助として優秀なのですよ。

《ライトニングパニッシャー》がメインになります。
ライトニングパニッシャー】は【チェーンバーン】寄りのデッキになることが多いのですが,
今回は《ダーク・クリエイター》も使いたかったので闇属性モンスターも確保しなくてはなりません。
試してみてはいるのですが,安定させるにはまだ時間がかかりそうです。

フリーチェーンは《ナイト・ショット》に弱いイメージです。
しかし,《ナイト・ショット》にチェーンして《ヴェルズ・サンダーバード》の効果を発動し,更にその上にチェーンを重ねることで,通常通りに発動することが出来ます。
《八咫烏の骸》を採用しても面白そうです。






・【カオススタン】型
《ライオウ》や《エフェクト・ヴェーラー》等,強力な光属性と合わせることで【カオス】の要素を取り入れた場合。
基盤は【カオススタンダート】です。

召喚したいモンスターの筆頭はやはり《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》。
近頃,また採用率が上がってきましたね。
召喚に成功さえすれば,その強さは折り紙つきです。
頼みますぜ,筆頭。

エクシーズやシンクロの要素も取り入れつつ,ハイビート。
【カオススタン】も時々結果を残しているようです。
《ヴェルズ・サンダーバード》が活躍するタイプもあり得るかもです。

雷族縛りのランク4エクシーズが出てからが本番。
出ませんかねえ。








・【黒庭】型
《ブラック・ガーデン》を主としたコントロールデッキに取り入れた場合。

《ヴェルズ・サンダーバード》が場に帰還する際,「特殊召喚」ではなく「戻る」点を利用します。
弱体化した相手モンスターをこちらは攻撃力1950で叩ける為,《ヴェルズ・サンダーバード》の弱点の一つである戦闘破壊を克服可能です。

《ヴェルズ・サンダーバード》をデッキから特殊召喚出来る《召喚僧サモンプリースト》にも注目です。
蘇生が行えるばかりでなく,手札の余った《ブラック・ガーデン》をコストに出来るので【黒庭】との相性は抜群。

他にも【ブラック・ガーデン】特有のギミックが多数存在するので,そこに《ヴェルズ・サンダーバード》が加わる形で。









・【回避・耐性】型
《ヴェルズ・サンダーバード》
《ウィングド・ライノ》
《天下人 紫炎》
《E・HERO ワイルドマン》
《暗黒プテラ》
等の,罠カードに対して回避あるいは耐性を持ったモンスターを採用した場合。

相手取ると分かりますが,罠カードが通用しないというのは結構対処に困るものです。
相手の《サンダー・ブレイク》が腐って,伏せカードを割りに来たところで《白銀のスナイパー》とか脳汁が出そうです。

破壊されても手札が痛まない【TG】モンスターを採用するのもありでしょう。

《激流葬》《つり天井》《爆導索》《強制退出装置》が相手モンスターのみに被害を与える凶悪なカードと化します。
なかでも《激流葬》《強制退出装置》の二枚との組み合わせはは非常に強力です。
使われて,使って解る,その強さ。

《爆導索》も高度な心理戦に持ち込める興味深い一枚です。
適当にカードを配置している方,おりませんか?

《ディスクライダー》で打点を確保したり,《パイナップル爆弾》で相手の場を殲滅したり。
《天下人 紫炎》と《E・HERO ワイルドマン》が戦士族であるので,戦士族縛りのエクシーズも楽々です。
そういえば《白銀のスナイパー》も戦士族でしたね。





・【墓守】型
・【ヴェルズ】型
・【チェーンバーン】型
もうこの辺の説明は要らないですよね。


そのデッキ特有の強力なギミックとともに,《ヴェルズ・サンダーバード》の生存性能を活かします。
基本的にバックが厚いデッキに採用されることが多いようです。


以前,大会に【サンダーバード・コントロール】で出たことがありました。
大した結果は残せませんでしたが,大会レポで書いています。
ちなみに,その時は【メタビート】型で一回,【チェーンビート】型で一回の参加でした。
 
 
記事を書こうと思ったのは,検索ワードで「サンダーバードコントロール」から見てくださる方がおられたからです。
筆を執るきっかけをくださり,ありがとうございました。

長くなってしまいました。
レシピを載せるスペースなどありません。
自分だけの【サンダーバード・コントロール】を見つけたいですね。  ではでは


【マドルチェ】型を忘れていました。
関連記事
スポンサーサイト

サンダーバード…
使ってみてその強さは分かりますね。

ヴェルズラギアで使ったときも、激流奈落に引っ掛からない安心感はすごかったです。

チェーン型は初めて知りました。
積み上げる幸福は決まると強いですよね。

2012.07.07 07:47 レン #- URL[EDIT]

俺もサンダーバードの情報出た時から注目してましたね。ウィングドライノとコンビ組んだらメッチャ強くね?って。実際強いんですよねww
まぁ、打点超えられたら除去頼みなんですがwww

2012.07.07 12:33 マイク #- URL[EDIT]

マドルチェ型・・・・

まさしく僕のデッキの事だね(ニッコリ
マドルチェとサンダバを使いまわすので
モンスターを少なくでき、その分除去に枠を回せるので
重宝してますw( ^ω^)b

2012.07.08 20:08 あんこや。 #- URL[EDIT]
返信→レンさん

そうですね~
召喚に成功した後の安心感が半端では無いです!

むしろ初めはチェーン型のイメージしかありませんでした
積み上げる幸福は意外と使い易いのですよ
除去カードがいつまでたっても減らないのは,相手としては堪らなく嫌でしょうね……

2012.07.08 23:02 右折 #- URL[EDIT]
返信→マイクさん

流石,カードの強さを見抜く眼力をお持ちですね!

これからも回避系のモンスターは登場するのでしょうか
サンダーバードで皆が強さを実感したので,初めは評価されず,とはならないでしょうが

打点不足は問題ですね
フォトスラに切り刻まれる姿を幾度と無く見てきました……
下級の攻撃力インフレには悩まされます
サンダーバードも十分インフレと言って差し支えないレベルかもしれませんけれども

2012.07.08 23:12 右折 #- URL[EDIT]
返信→あんこや。さん

特に除去型のマドルチェに便利ですよね!
純マドルチェでは……ひ,姫様のリリースに使えます……?

除去に重きを置くデッキでは,モンスターがいなくなっても来過ぎても駄目なので
モンスター数を増やさないままに場に維持可能なサンダーバードは本当に除去系デッキの救いだと思います

2012.07.08 23:20 右折 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。