エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 簡易融合の使い道を極めたい 一
カード考察 > 簡易融合の使い道を極めたい 一

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

簡易融合の使い道を極めたい 一

すべての道は《簡易融合》に通ず。
歴史ある遊戯王OCGの古の融合モンスター達に新たな価値を生み出したこのカードは本当に良カードだと思います。

リリース,融合,シンクロ,エクシーズと八面六臂の活躍を魅せる《簡易融合》から,今後も目が離せません。

カップヌードルと聞くとあさま山荘事件を思い出します。1000の命と引き換えに。

エレファントカシマシ-今宵の月のように




《簡易融合》
通常魔法
1000ライフポイントを払って発動できる。
レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとして
エクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、
エンドフェイズ時に破壊される。
「簡易融合」は1ターンに1枚しか発動できない。


CYBERDARK IMPACTで登場,《瞬間融合》(←注どこにも繋がりません)とは別物です。

エクストラデッキから星5以下の融合モンスターを融合召喚扱いで特殊召喚出来ます。
特殊召喚した融合モンスターは攻撃が行えずエンドフェイズには破壊されてしまいますが,
欲する属性・種族を即座に用意することで,コストや素材としての活用が望めます。
「一ターンに《簡易融合》は一枚まで」の制約は忘れられがちな為,
使用するに当たっては,対戦相手に「何勘違いしてるんだ」と言われないように注意。

手札一枚から場にモンスターを特殊召喚可能な為,リリースにも使用出来ますが
注目すべき点は何といっても多彩な属性種族の融合モンスターを場に出せる点です。

しかし,《簡易融合》を使う為には融合モンスターを集めなくてはなりません。
以下,融合モンスター毎に。
ほとんどWikiさんの焼き直しですが,絵を見てノスタルジーに浸って頂けたらと。


魅入られたら,お終い。
・《サウザンド・アイズ・サクリファイス》
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
唯一の星1融合モンスターであり禁止カード。
場全体をロックしつつ,相手モンスターを吸収していく凶悪極まりない効果を持ちます。
《突然変異》の悪夢を連想する方も多いはずです。

攻撃力1200とは奈落に落ちないという事でもあります灼熱ゾンビは永遠のライバル。腐霊夢・ゴースト☆
・《アンデット・ウォーリアー》
星3/闇属性/アンデット族/攻1200/守 900
・《フレイム・ゴースト》
星3/闇属性/アンデット族/攻1000/守 800
双方《ワイト》を融合素材とするモンスターであり,《E・HERO プリズマー》採用型の【ワイト】であれば墓地肥やしに。
《フレイム・ゴースト》は《リミット・リバース》にも対応。
《死のデッキ破壊ウイルス》があったのならば。

ドラゴンを呼ぶ笛が墓地に送られた為,1ドローさせてもらうぞ……
・《魔装騎士ドラゴネス》
星3/風属性/戦士族/攻1200/守 900
《ジェネクス・コントローラー》とのシンクロにより,手札一枚を捨てて相手の手札を一枚ランダムに墓地送りにする《A・ジェネクス・トライアーム》を召喚可能です。
戦士族縛りを持つランク3エクシーズが出れば……。
《不死武士》で済むかもしれませんが。
そういえば【不死武士】にも稀に採用されます。

モンスター・エッグ(怪物の卵)+火(ソドムとゴモラ)=騎士(人)
・《炎の騎士 キラー》
星3/炎属性/炎族/攻1100/守 800
炎属性チューナーとのシンクロにより,相手墓地を除外できる《エンシェント・ゴッド・フレムベル》を召喚可能です。
各種【ラヴァル】シンクロの他,《ジェムナイト・マディラ》等の融合素材にも。
ただでさえエクストラデッキが15枚では足りなくなる【ジェムナイト】に採用するスペースがあるかは甚だ疑問ですが。
炎属性と聞くと守備力に目が行ってしまうようになりました。

ニャンコ先生!ニャンコ先生じゃないか!(迫真)
・《フュージョニスト》
星3/地属性/獣族/攻 900/守 700
【ナチュル】のシンクロモンスターを召喚する際に便利です。
モンスター効果を持たない融合モンスター中,最も低い攻撃力・守備力を持つモンスターだそうです。
守備力に関してはどちらの素材よりも低いという始末。

名前とイラストから漂う圧倒的ラスボス感。あ,ディアボロス様は寝ていていいですよ
・《暗黒火炎龍》
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1500/守1250
《トライデント・ドラギオン》《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》のシンクロ素材として扱えます。
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》の召喚コストや《龍の鏡》の枚数調整としても。
《魔導サイエンティスト》からの《ヴィクトリー・ドラゴン》はえげつなかったですね。

カルボナーラの意味は「炭焼き」。まったく意味が解らんぞ!あのマッチョ二人が融合……(意味深)
・《カルボナーラ戦士》
星4/地属性/戦士族/攻1500/守1200
《機甲忍者ブレード・ハート》《H-C エクスカリバー》《H-C ガーンデーヴァ》《H-C クサナギ》のエクシーズ素材として活躍。
【ナチュル】シンクロ素材としても使い易く,【不死武士シンクロ】でも利用されます。
エクストラに余裕さえあればなかなか使い勝手の良いカードです。
それにしても凄いネーミングですね。

結構注目しています。使い心地は上々なので
・《レア・フィッシュ》
星4/水属性/魚族/攻1500/守1200
水属性を活かし【氷結界】シンクロの素材としたり,魚族を活かし《フィッシャーチャージ》の弾にも。
水属性ならではの使用法で【海皇】や【水精鱗】に採用出来るかどうか試しています。
《氷結界の虎王ドゥローレン》が使いたい。
《竜宮の白タウナギ》との絡みも面白いです。

夜道でコレが追いかけてきたらと思うと泣きそうになります
・《カオス・ウィザード》
星4/闇属性/魔法使い族/攻1300/守1100
《マジックテンペスター》《アーカナイト・マジシャン》のシンクロ材料とする他に《アルケミック・マジシャン》のエクシーズ素材にも。
これからも魔法使い族素材のカードが登場する度に研究されていくことでしょう。
【カオス】系デッキにも入っていることがありますね。
地味に値が張る融合モンスターです。

融合素材である「邪炎の翼」の名前負け感は異常
・《マブラス》
星4/風属性/鳥獣族/攻1300/守 900
【ドラグニティ】の強力なシンクロの素材として活躍。
多くが「ドラゴン族チューナー+チューナー以外の鳥獣族モンスター1体以上」ですので。
《ゴッドバードアタック》《スワローズ・ネスト》のコストにもなる為,
それらが発動出来る【BF】や【ハーピィ】等のデッキならば採用も良いでしょう。
エクストラデッキにどこまで隙間を見つけられるかが勝負です。
《ダーク・シムルグ》を召喚するデッキにも入るかもしれません。


星5の融合モンスターについてはまた今度です。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。