エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 結局のところ伏せ除去は ニ
考察・感想 > 結局のところ伏せ除去は ニ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

結局のところ伏せ除去は ニ

伏せカードを叩き割るカードはまだまだあります。
前回の続きです。

特定のデッキでのみ扱える伏せ除去もありますね。
《暗黒界の雷》《ラヴァル炎湖畔の淑女》等々強力なものも多いです。
今回は,その辺から気になるカードを取り上げるところから始めてみます。

エッジマンとアイスエッジは仲のいい先輩後輩だと思うと微笑ましい






伏せ除去という言い方だとセットモンスターの除去も含みます。
裏側なら何でも破壊出来るのはポイント高いです。

実を言うと,前文に書いた《暗黒界の雷》《ラヴァル炎湖畔の淑女》等々についても一々考察しようとも考えましたが,
数が多すぎる為,有名所は書かない方向で。


《E・HERO アイスエッジ》
効果モンスター
星3/水属性/戦士族/攻 800/守 900
1ターンに1度、自分のメインフェイズ1で手札を1枚捨てて発動する。
このターンこのカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
また、このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を破壊する事ができる。


海皇の考察の際にも紹介しました,水属性HEROです。
ダイレクトアタックに成功すればセットされた相手の魔法罠を破壊出来ます。

単体で使うにはやや扱い難いですが,HEROサポートを受けられる他
やはり注目は【海皇】との組み合わせです。
【海皇】にも《海皇の狙撃兵》という伏せ除去が存在することから,このカードの召喚に成功すれば
手札から《海皇の狙撃兵》を捨てることにより1枚,直接攻撃成功時に1枚の計2枚のバック割りが狙えます。
星3なので《海皇の狙撃兵》とでランク3エクシーズが出来る点も評価。

これで《奈落の落とし穴》とか《神の宣告》を割られたら嫌ですね。
セットされた《サイクロン》を破壊する位なら現実的な話です。


《ディストラクター》
効果モンスター
星4/地属性/サイキック族/攻1600/守 400
1000ライフポイントを払って発動する。
相手フィールド上にセットされた魔法または罠カード1枚を破壊する。
自分フィールド上にこのカード以外のサイキック族モンスターが存在しない場合、
エンドフェイズ時にこのカードを破壊する。


ライフを要求する代わりにセットされた相手魔法罠を破壊出来ます。
どこかのゴリラを彷彿とさせる自壊効果も持ちます。
寂しがり屋なのでしょうか。

奈落に落としてくださいと言わんばかりのステータスですが
《魔導戦士 ブレイカー》や《ライトロード・マジシャン ライラ》のように
『罠を踏みに行く』役割を受け持っていると考えれば悪くないです。

発動回数の制限が無い為,ライフと相手魔法罠が続く限り破壊し続けられます。
上手くいけば,このカード1枚とライフポイントで多大なアドバンテージが得られます。
LP<カードアドバンテージと考えれば,ですが。
フリーチェーンが多い環境,全てのセットカードを叩き割れると考えるのは甘い考えですが
このカードの効果を通してしまえば《ハーピィの羽根帚》が飛んでくるのは結構脅威です。

自壊デメリットを発動させない為にも効果使用後はシンクロ・エクシーズ素材に使用したいところです。
《召喚僧サモンプリースト》で特殊召喚し,バック除去後のエクシーズなどは理想的。
相手の伏せがある状態で《召喚僧サモンプリースト》の効果を発動するのも危険な行為ですが
《CNo.39 希望皇ホープレイ》の効果が発動できる可能性も秘めています。
減ったライフを利用して《巨大化》で一撃必殺を狙うのも一興です。
【サイキック】なら自壊しにくい上,《緊急テレポート》での速攻シンクロもし易いです。
除去に弱い《D-HERO Bloo-D》等の召喚前にこのカードで掃除するのも良いかもしれません。


《ドッペルゲンガー》
効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻 650/守 900
リバース:フィールド上にセットされた魔法・罠カード2枚を選択して破壊する。


セットされている魔法・罠カードを2枚破壊する強制発動のリバース効果。

一時期に比べれば減ったとはいえ,未だに先行で魔法罠ゾーンに4枚以上セットするようなガン伏せデッキもまだまだ存在します。
【六武衆】や【インフェルニティ】,【兎ラギア】など。
そういったデッキに対して強力なメタ効果を発揮します。
《スノーマンイーター》かと思わせての《ドッペルゲンガー》
《メタモルポット》かと思わせての《ドッペルゲンガー》。


戦士族なので《増援》《戦士の生還》に対応。
相手に見せつけることでプレイングの抑制・誘導も行えます。
《スターライト・ロード》の発動を許さないのはお約束ですね。


《拘束解放波》
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する装備魔法カード1枚を選択して発動する。
選択した装備魔法カードと相手フィールド上にセットされた魔法・罠カードを全て破壊する。


装備魔法1枚と引き換えに相手セット魔法罠を大掃除。
【サクリファイス】【Bloo-D】【甲虫装機】【サイバー・ダーク】【ドラグニティ】等発動が狙いやすいデッキは数多くあります。
使いまわせる《神剣-フェニックスブレード》や効果で破壊されない《融合武器ムラサメブレード》を有する【戦士族】でも機会がありそうです。

強力なのですが,惜しいことに現在はフリーチェーンにより装備魔法を装備した瞬間にモンスターが除去されかねないのが辛いです。


《邪神の大災害》
通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
フィールド上に存在する魔法・罠カードを全て破壊する。


相手モンスターの攻撃宣言をトリガーとする《大嵐》。

バックを固めてじりじりビートダウンを行う【墓守】等に非常に有効なメタとして働きます。
不意打ちで《冥府の使者ゴーズ》を出せれば,次のターンには逆襲が出来ますね。

発動タイミングはシビアなようですが,大抵のデッキではビートダウンを行わなければ勝利出来ず
攻撃は必ず行われるので発動出来るタイミングは多いです。
問題は《聖なるバリア-ミラーフォース-》の採用率が低下の一途を辿っているように
現在,攻撃をする前にモンスター効果や前回紹介したような伏せ除去の魔法罠で割られることの方が多いということ。
仮に発動出来たとしても,そのままライフを削り取られることが多いことです。
瞬間火力の高いデッキにはあまり有効ではありませんし
《冥府の使者ゴーズ》《トラゴエディア》《速攻のかかし》等で攻撃を受け切られるようなデッキでこそ輝きそうです。


次回,まとめです。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。