エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 結局のところ伏せ除去は 一
考察・感想 > 結局のところ伏せ除去は 一

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

結局のところ伏せ除去は 一

世はまさに大伏せ除去時代。
ガン伏せ祭りの環境が懐かしいです。
《神の宣告》3枚はどう考えても異常でした。

《ポルターガイスト》を甘く見てはいけません。
《サイクロン》《ナイト・ショット》が双方3枚積まれることも珍しく無くなったこの環境,
日の目を見る日も遠くないのかもしれませんね。


ポルターガイスト







この間,【墓守】対【甲虫装機】で
 《王家の眠る谷-ネクロバレー》発動
→《Sin スターダスト・ドラゴン》召喚
→《王家の生け贄》発動
が決まり,相手の手札から《甲虫装機 ホーネット》《甲虫装機 ダンセル》が落ちて喜んだのも束の間,
相手の手札にはなんと《ポルターガイスト》が。

次のターンで《王家の眠る谷-ネクロバレー》を対象に発動され,
《Sin スターダスト・ドラゴン》が自壊した挙句
《死者蘇生》からの《甲虫装機 ダンセル》の効果発動を許してしまいました。
次のターン《ブラック・ホール》を引けたのが幸いして辛くも勝利と相成りましたが,
あれは完全に運なので誇れるものでもないのです。


そうして《ポルターガイスト》の脅威を身をもって体感した為,
これは警戒視野に入れておかねばならないと感じました。

《ポルターガイスト》《Spiritualism》
通常魔法
相手フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚を選択して持ち主の手札に戻す。
このカードの発動と効果は無効化されない。


登場パックがLabyrinth of Nightmare -悪夢の迷宮-という古株カードです。
《ダーク・ネクロフィア》や《ウィジャ盤》,《霊滅術師 カイクウ》等が入っていたあの弾です。
原作では闇バクラがゴースト骨塚相手に発動していました。
実は四度の再録,レアリティ変更が無く全てレアです。

通常魔法で相手魔法罠のバウンス効果。
発動と効果が無効化されないという隠れた(?)効果も持ちます。

『発動と効果が無効化されない』とは,
《真六武衆-シエン》や《光と闇の竜》,《ナチュル・ビースト》等の効果や
《神の宣告》等のカウンター罠によって阻害されないということです。
《超融合》の『このカードの発動に対して、魔法・罠・効果モンスターの効果を発動できない。』とは微妙に異なりますので注意。

かつては,【お触れホルス】や【トランス】のメタとしてサイドデッキに採用されたことがあり,
フィールド魔法を戻すことにより,確実に【Sin】や【地縛神】を自壊させることが可能なメタカードでもあります。



《神の警告》《神の宣告》《激流葬》《奈落の落とし穴》等々…。
召喚したモンスターが場から離された次のターンにはライフを8000削り取られかねないこの環境,
セットカード除去は欠かせません。

さて,魔法罠の除去として最も人気が高いのが《サイクロン》でありましょう。

《サイクロン》
速攻魔法
フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。


表裏も問わず,全フィールド上という広い範囲のカードを破壊出来る汎用カードで,
速攻魔法であることから,相手のエンドフェイズに発動することでセットカードの発動を許さずに除去を行う『エンドサイク』なる遊戯王用語が生み出されるほどの長い歴史と採用率です。

《竜の渓谷》や《暗黒界の門》,《死皇帝の陵墓》へチェーン発動することでアドバンテージが取りやすいのも魅力。
まさか3枚投入が許されるようになるとは。


次いで,現在人気急上昇中であるのが《ナイト・ショット》。

《ナイト・ショット》
通常魔法
相手フィールド上にセットされた魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。
このカードの発動に対して相手は選択されたカードを発動できない。


通常魔法,相手の場のみ,裏側のみとスペルスピードと対象範囲が落ちた《サイクロン》に思えますが,
対象カードは《ナイト・ショット》に対して発動できないという効果がフリーチェーン対策として評価され
【HERO】【甲虫装機】を筆頭にぐんぐん採用率を伸ばしてきました。


ここまでは安定です。
3枚ずつ投入する6枚体制も多いですね。

では,これ以外では何があるかといいますと

《砂塵の大竜巻》
通常罠
相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。
その後、自分の手札から魔法・罠カード1枚をセットできる。


通常罠という遅さがやや目立ちますが,裏表問わず除去でき,発動後に手札から魔法罠のセットが可能です。
自分の罠が解除されつつ,相手は新たな罠を仕掛けられるので,使われる方からしたら嫌ですね。

《マインドクラッシュ》にチェーン発動し,宣言されたカードを場にセットすることでハンデスを回避するテクニックも。


《撲滅の使徒》
通常魔法
フィールド上にセットされた魔法・罠カード1枚を選択して破壊し、ゲームから除外する。
それが罠カードだった場合、お互いのデッキを確認し、
同名カードを全てゲームから除外する。


セットカード限定ですが,破壊後ゲームから除外する為,《闇の仮面》等による再利用が防げます。
また,破壊したのが罠カードだった場合にはお互いのデッキを確認し同名カードを根こそぎに出来ます。
《神の警告》や《激流葬》なら複数除外の可能性もあり得ます。

お互いのデッキを確認することは,デュエルの流れを大きく左右する重大な行為です。
デッキのおおよその型を知られる上に,構成がテンプレに近ければ近いほど場や手札のカードが読まれ易くなります。

玄人向けな気がします。
使いこなせれば強力ですね。


《おとり人形》
通常魔法
魔法&罠カードゾーンにセットされたカード1枚を選択して発動する。
選択したカードをめくって確認し、そのカードが罠カードだった場合、強制発動させる。
発動タイミングが正しくない場合、その効果を無効にし破壊する。
そのカードが罠カード以外だった場合、元に戻す。
このカードは発動後、墓地へ送らずにデッキに戻す。


セットカード一枚を確認し,罠カードであれば強制発動させるカードです。

セットカードが罠カード以外の場合元に戻すだけであるのは
《禁じられた聖杯》《禁じられた聖槍》の採用率が高まる現環境においては少々扱い難いです。
《サイクロン》,《超融合》,《デュアルスパーク》,《侵略の汎発感染》も結構見かけますし。

罠カードは不発になることが多いですが,
《リビングデッドの呼び声》等永続罠や《サンダー・ブレイク》等フリーチェーンの場合効果が使われてしまいます。
そこを逆手に取り,自分の場が空の際に《ゴッドバードアタック》の誤爆を誘発したり,
相手自身のモンスターを《強制脱出装置》でバウンスさせたり出来るとかなり気持ちが良いです。
これが私の愉悦です。


高レベルのプレイングとして,自分の罠カードに対して発動することで,
効果解決時のカード処理においてカウンターをさせずに発動させることが可能というものがあります。
罠カードの発動はこのカードの効果処理途中の為、
強制的な発動に対し《盗賊の七つ道具》等で発動をカウンターすることを出来なくさせるわけです。

それと,何故か発動後デッキに戻る為,
自身のセットされた魔法カードを選択し続けることでドローフェイズのドローによるデッキ切れを防ぐことが出来ます。
【ヘル・テンペスト】への強力なメタとして働くかもしれません。


そして我らが(?)《ポルターガイスト》です。


ここまで書いて,記事が長引いてしまったことに気が付いたので回を分けます。
結局,どれを使えば良いのかもその時に書くかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト

ポルターガイスト、使ったことが無いのですが…
よく効果を読むと強いですね。
使いこなすにはなかなかのテクニックが必要だと思いますが(>_<)


かなり遅いですがたまーにサイドで見られるドッペルゲンガー、除去ではないですが伏せを封じる心鎮壺なんかも使いこなせるようになりたいです…。

そして右折さんお勧めの伏せ除去対策の偽物のわなも使ってみたいですね!

2012.06.21 02:10 レン #- URL[EDIT]
返信→レンさん

コメントありがとうございます!
意表を突けるという意味でも使用率の高くないカードの採用はアリではないかと思います
状況によっては強さが反転する場合もありますので

次の記事に書こうとしていたカードが挙げられてしまいました
ドッペルゲンガー等も一部のデッキに対して絶大な効果がありますね
使いこなせるようになれば戦略の幅も広がるのでしょうが,なかなかその境地までは至れません

偽物の罠,罠多めのデッキだと悪くないのですよ
メタ系ガン伏せデッキを使用する時にはお試しあれです

2012.06.21 20:58 右折 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。