エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

スポンサー広告 > 海皇龍 ポセイドラ 考察
カード考察 > 海皇龍 ポセイドラ 考察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

海皇龍 ポセイドラ 考察

水属性好きの方からすれば,今回の強化は嬉しくてたまらないのでは。
【水精鱗】も【海皇】も効果的には何故だか暗黒界を彷彿とさせるのです。

今回はあまり前評判の芳しくない《海皇龍 ポセイドラ》について考察してみます。
使い方に無理矢理感があったりするかもしれませんが,判官贔屓もありまして。

ラギア来栖




【海皇】

《海皇龍 ポセイドラ》
効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻2800/守1600
自分フィールド上のレベル3以下の
水属性モンスター3体をリリースして発動できる。
このカードを手札または墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
フィールド上の魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。
この効果でカードを3枚以上手札に戻した場合、
相手フィールド上の全てのモンスターの攻撃力は
手札に戻したカードの数×300ポイントダウンする。


今回のストラクチャーデッキ看板モンスター。ラギアクルスのような大迫力のイラストが素晴らしいと思います。

手札・墓地から特殊召喚可能で特殊召喚時に《ハリケーン》が発動。
このように書くとなんだかかなり凶悪な感じがしますが,コストである星3以下水属性3体のリリースは決して軽いものではなく,《マシンナーズ・フォートレス》《マスター・ヒュペリオン》《暗黒界の龍神 グラファ》という最近のSD看板モンスターの召喚条件の軽さと比べるとどうしても見劣りする感は否めません。

しかしながら,優秀な点も確かに存在します。

一つは,場の水属性モンスターを一度に“水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送る”ことができる点。
【海皇】【水精鱗】にはテーマの共通点として,水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時(場合)発動する効果を持つモンスターが多いというものがあります。
【海皇】は強制効果である為,【水精鱗】は“時”ではなく“場合”である為コストとして墓地に送る際にもタイミングを逃さず発動することが可能です。
それは勿論このカードの特殊召喚コストとした場合も例外ではなく,最大3体のモンスターの効果を発動させつつ自身の特殊召喚が行えます。
それらの効果は,破壊,サーチ,特殊召喚と,どれも強力であり,SDや新弾には下級水属性の展開補助系のカードも収録されることから,場に揃える難易度も大きく下がると考えられます。
《海皇の重装兵》と《深海のディーヴァ》で簡単に揃いますね。
これらが《サルベージ》対応というのも大きいです。

二つは,特殊召喚時に発生する《ハリケーン》。
バウンスという除去はなかなか防ぐことが難しく,そのターンに決めてしまえるのなら破壊よりもよほど強力です。
その意味でも,上記のようにリリースされたモンスターで更なる展開が望め,相手に致死量のダメージを与え得る可能性があるというのは悪くないです。
さらに,バウンスによって自分の魔法罠の再利用も狙えます。
戻す価値のある魔法罠では《デモンズ・チェーン》《リビングデッドの呼び声》《安全地帯》辺りが狙い目でしょうか。
【天変地異コントロール】では《デーモンの宣告》等の再発動ができます。
水属性には《氷結界の龍 ブリューナク》《氷結界の虎王ドゥローレン》《アビス・ソルジャー》と他にもバウンス効果持ちのモンスターがいるので,水属性の【セルフバウンス】においても一考の価値はあるかもしれません。

三つは,その属性・種族・ステータス。
攻撃力2800は打点としては合格ライン。
水属性星7であるので,《水精鱗-メガロアビス》と共に《水精鱗-ガイオアビス》や《No.11 ビッグ・アイ》のエクシーズ召喚が狙えます。
海竜族であるので,《忍法 超変化の術》からの特殊召喚が行えます。その場合,《忍者マスター HANZO》の他に星3以上のモンスターを墓地に送ることが条件になります。
また,召喚条件の範囲は意外と広いので,ガエルなどの一部のデッキでの活躍もあり得るかもです。


以上のことからそこまで酷いカードではない,と思いたいです。
勝つ為の研磨のうちに抜けていってしまいそうなカードですが,なんとか上手く使いこなしてみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。