エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

2012年12月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

幻獣機はみんなの浪漫【雑考察】

遊戯王は年の暮れでも変わらず,月の中頃に新情報の嵐。
しばらく離れていたので,怒涛の新規判明ラッシュにようやく目を通し終えたところです。

LOAD OF THE TACHYONGALAXYでは,皆が待ち望んだ風強化,心躍りますねー。
風属性の「騎士」である《虚空の騎士》が収録されることから,「風霊神」の登場も期待できます。
「ハーピィ」の強化は原作ファンにとっても嬉しいのではないでしょうか。
なんでも,《ハーピィ・クィーン》《ヒステリック・パーティー》等
【ハーピィ】デッキに必要と思われる諸々のお値段が暴騰しているそうですけれども。
採録が決定して落着するまでの美しい流れは流石遊戯王だと思いました。

そして,個人的に大変惹かれているものが,風属性機械族の新テーマ「幻獣機」であります。
軍用航空機が元ネタらしく,軍用機+動物の名前や機械族らしいイラストも素敵。
効果も個性的ですし,エクシーズを並べる為だけのテーマでは終わらない可能性を感じます。
そんなわけで,「幻獣機」考察です。【幻獣機】デッキ案はいつかやりたいです(白目)
収録リストは全て判明していないので,いざとなれば潔く手のひらを返すつもりです。
戦闘機+トークンといえば,勿論【超時空戦闘機】ですよね~な時代も終わります
ムック-約束 [続きを読む]
スポンサーサイト

【マシンロイド】追記

遊戯王を長くやっていても,どんな効果だったかがイマイチ思い出せないようなカードはあるものです。
テーマカテゴリの一枚で,勝利だけを念頭にデッキを組むと抜けていってしまうような感じのカード群。
そういったカードは,多くの人が遊戯王Wikiさんで確認しておられるようです。
普段使われず,ストレージボックスに混ざっていたとしても気にも留められないような,
そんな一枚の使用者が,増えてくれたなら嬉しく思います。

前記事の《アーマロイドガイデンゴー》も中々のクリック数でしたが,
流石に《BF-流離いのコガラシ》の時の記録は塗り替えられませんでしたね。

前回紹介した【マシンロイド】の追記になります。
興味の無い人からすれば,全く意味の無いものでしょうし,
蛇足となるやもしれませんが,それでもよろしければ。
ぶっ倒しても!ぶっ倒しても!!ぶっ倒しても!!!   後続部隊が現れる素敵な一枚
太陽族-ホタルの恋の歌 [続きを読む]

未来融合亡き【マシンロイド】に未来は

遊戯王における種族決定の適当さには時々思うところがあったりなかったりもするのですが,
それでも,機械族はまだイメージとのかけ離れが色濃くない部類であると思います。
特に機械族のデッキタイプは,大量生産型か超重量級型になることが多く,
機械らしく同カード量産あるいは重厚な一撃必殺攻撃と,いかにも“らしい”感じです。
…あとは弱点が多い所なども特徴といえるかもしれません。
《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の存在に種族全体が頭を抱えているという辺りが何とも。
明確な弱点があることが逆に多くの決闘者から愛用される理由となっているのかもしれませんね。
完全無欠で絶対負けない最強のデッキがあったとしても,すぐに飽きられてしまいそうです。

【マシンロイド】も上記の前者に当たる,大量生産型の機械族デッキです。
やや遅いですが,《マシンナーズ・フォートレス》が半永久的に場に登場し続ける製造力を持ちます。
デッキ全体が一つの機械のように,一枚一枚が歯車のように噛み合って動くデッキと書くと中々格好良いです。
何故今更となるようなデッキですが,エクシーズモンスターの増加によって使い勝手が大きく変化した為,
一つ記録しておいても良いかなー,などとふと思いついた次第にございます。
デッキレシピ完成度の低さは見逃してください。
ロボットに憧れたあの頃のワクワクを思い出すんだ!
音速ライン-逢瀬川 [続きを読む]

電光千鳥は痺れる強さ

遊戯王に限りませんが,大抵は欲しい物ほど入手し難いものです。
心躍らせながらパックを買ってみても,自分には必要の無いものばかり当たってしまいます。
例えば,《電光千鳥》や《恐牙狼 ダイヤウルフ》その他ノーマルを目当てにCOSMO BLAZERをちびちびと買うも,
出て来たのは《シャイニート・マジシャン》と「魔導」ばかりであったりとか。
強いことは分かっているのですが,活躍出来るデッキが無ければ宝の持ち腐れです。

《電光千鳥》は手に入らなくとも,素材に使える《輪廻天狗》が(一枚ですが)手に入ったので,
取らぬ狸の皮算用,憧れのビリビリ痺れる《電光千鳥》ちゃんの考察です。


blogramの「米倉千尋」さんのランキングで第2位に。驚きです。
日本刀が元ネタです。「これは英雄の物語ではない。英雄を志す者は無用である。」
RYTHEM-桜唄 [続きを読む]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。