エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

2012年09月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ガガガガードナーは割と頼れる

遊戯王をやっていて一番楽しい時はというと,
実はデュエル最中よりも,デッキ構築中や新しくカードの使い道を考える時であったりします。
どうも,ファンデッカーです。お久しぶりです。

《ガガガガードナー》は昔からやるときはやる子なのですが,
《増殖するG》の流行によって,更なる活躍が期待出来る可能性が微レ存です。


気温の緩急差攻撃によって,微妙に体調を損ないつつあります。
季節の変わり目,お体にはお気を付け下さい。
台風も怖いですし。
ガガガクラークが漢らしい声ではなかったのでホッとした反面,どこか残念がる自分もいます
ガガガSP-晩秋 [続きを読む]
スポンサーサイト

【ライトロード】で【ゼンマイ】を迎え撃つ

遊戯王EXTRA PACK 2012の発売日が近付くにつれ,
【ゼンマイ】の脅威が話題に挙がるようになって参りました。
誰が見ても強力なデッキであることは間違いありませんし,
海外で暴れた実績もありますから,環境にも大きな影響を与えると思われます。

そこで【ゼンマイ】を組んでみましたーとデッキレシピを公開するのは
他のブログさんがたくさんやってくださるでしょうから,
当ブログでは,むしろその【ゼンマイ】を如何にして迎え撃つべきかを書く機会が多くなりそうです。
理屈も合わない根拠も無いゼンマイ対策がどこまで信用出来るか怪しいものですが,
何もしないよりはマシであると信じて。

【ライトロード】は【ゼンマイ】に対抗し得るのか。
それとも,為す術無く蹂躙されるしかないのでありましょうか。
ジャッジメントですの!は流石に古いか……    ダークジャッジメントドラグーン出ないかな……
RIDER CHIPS-ELEMENTS [続きを読む]

【カオスコガラシ】

遊戯王にはまだシンクロ召喚が必要だと思います。
エクシーズばかりで,シンクロも出来ないこんな世の中じゃ,ポイズン。

以前紹介した【コガラシ】デッキのカオス型です。
強化か弱化かは分かりませんが,
とりあえず派手さは増していると思います。
一応,前の記事のデッキレシピも
エクストラデッキの《氷結界の龍 ブリューナク》を抜けば現環境でも使用出来ます。
興味がある奇特な方がおられれば,どちらがお気に召すか,組んでみてください。
……前回書いたように,《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》1枚入れるだけで
【カオス】を名乗れるのが遊戯王ですから,これも一つの【カオス】の形です。

《エフェクト・ヴェーラー》の通用しない《氷結界の龍 トリシューラ》がもう一度見たいものです。
帰って来ませんかねえ。
切ない片思い~あなたは気付かない~♪      『木枯らしに抱かれて』という曲がありまして
RYTHEM-蛍火 [続きを読む]

繰り返す,これは【フォトン】ではない

遊戯王は,世界観から公式ルールまで,色々と境界が曖昧なカードゲームです。
「だが,それがいい」という考え方から
世界観を決定付けるフレイバー・テキスト(通常モンスターテキスト欄のアレ)が
もっとあっても良いのに,という声もあるようですね。
世界観があやふやなのはともかく,DTのストーリー展開は中々楽しかったので
たとえDTが終了したとしても,どこかで物語性を出してほしいものです。
マスターガイドの裏設定(?)だけでは満足出来ませぬ。
なにより,最優先でルールの明瞭化に力を入れるべきだと思うのですが。

デッキ名の境界もまた曖昧です。
メインデッキに《フォトン・スラッシャー》を一枚採用したのみのデッキでも【フォトン】なのです。
《ゾンビキャリア》を採用すれば【アンデット】に,
《緊急テレポート》採用で【サイキック】といった具合で,
なんとなく,純粋なデッキを組んでいる方に申し訳ない気がしないでも……。

《フォトン・スラッシャー》を投入してさえいればよいのなら
私のデッキも十分に【フォトン】を名乗る資格はあるのでは。
【60枚ハイランダー】にも【忍者ラギア】にも入ってますし。
変なデッキを組んでみました。
サーチなら任せろー(バリバリ)
camino-STORY [続きを読む]

未来への思い 考察【使い道は実用性を問わずに】

遊戯王デュエリストパック-カイト編-を早速買って参りました。
9月15日発売の物を14日に入手するという微妙過ぎるフライングゲット。
財布中の小銭の事情から,わずか3パックの購入ですが
これで《輝光子パラディオス》が当たったら万々歳です。
高騰するとかそういうこと抜きで必要なカードなので何とか入手したいのです。

結果 レア以上は《銀河零式》《No.56 ゴールドラット》《未来への思い》
ラットさんを引き当ててしまった悲しさが……。
《銀河零式》は今のところ使うあてがないですし,
収穫は《未来への思い》と《フォトン・サテライト》《フォトン・スラッシャー》コンビ位のものです。
手に入れたものは早速使いたくなるのは人の性でして,
楽しそうな香りのプンプンする《未来への思い》の使い方,活用方法について考えてみます。
強いか弱いかよりも,どれ程楽しいかが重要なので,実戦的かどうかはこの際気にしない方向で。
序盤はWikiさん掲載コンボの感想,終盤が載っていないコンボ案となります。
素敵な絵ですが,アニメ版と比較すると背景の陸地が暗い気がします。きっと何か意図があるはず(深読み)
UNISON SQUARE GARDEN-kid,I like quartet [続きを読む]

クロニクルII混沌の章で宝探し×5

遊戯王DUEL TERMINAL -クロニクルII混沌の章-だらだら考察5回目です。
120種類の考察を終える頃には,時代はDTからカイト編に移っていたという結果です。
カイト編の考察でやり残しているのは《未来への思い》だけなので,
出来れば発売日前に,と思うのですが。

今回は-星の騎士団 セイクリッド!!-の収録分となります。
この弾が大人気過ぎて,あっという間に画面を三沢に占領された光景はまだ記憶に新しいです。
【セイクリッド】需要と《ラヴァルバル・チェイン》《ダイガスタ・エメラル》の需要が大激突。
熱狂的お祭り騒ぎは,店の迷惑にならない程度であれば構わないと思いますが
子ども相手に鮫トレードをしたり,配列を確認して強引に横入りする人間が見られたことは
(知り合いの中にもそれに近い行為をした者がいたこともあり)非常に残念に思います。
『ルールを守って楽しくデュエル!!』は決闘中だけでなく
カードを入手する時点をも含んでいるものだと思うのですよ。
アトランタル先行ワンキルで一瞬光を浴びましたが,すぐに忘れられた不憫な鳥さんです
doa-英雄 [続きを読む]

クロニクルII混沌の章で宝探し×4

遊戯王DUEL TERMINAL -クロニクルII混沌の章-あっさり考察4回目です。
今回は「疾風のドラグニティ!!」収録分となります。
思い返すと,この弾は再録枠が豪華でしたね。
《E・HERO エアーマン》に《スキルドレイン》に《血の代償》。
《デステニー・ドロー》に《月の書》に《洗脳-ブレインコントロール》まで。
DTには続行説と終了説があるようです。
ストーリー性があるのは新鮮で良かったと思いますが,
お財布にも子どもにも優しくない値段設定であることも確かです。
どうなるのでしょうね。

我が家の猫たちが心なしかいつもより甘えてきます。
流石,マタタビ入りヒノキボールは猫のツボを押さえているようですね。
今回の収録でようやく入手難度が下がりそうですね。韓国版なら異常に安価なのですけれど
米倉千尋-WILL
•DTC2-JP061~DTC2-JP090迄 [続きを読む]

クロニクルII混沌の章で宝探し×3

遊戯王DUEL TERMINAL -クロニクルII混沌の章-大雑把考察3回目です。
この辺は特にテーマ以外では使い難いものが多く,
更にそのテーマデッキですら採用されないカードもたくさんあります。
正直,何を書いたら良いか分からないものも少なくないのですが
自分がそのテーマを組むならこうやって使うだろうなと妄想しながら書いています。
考えるだけならばプライスレス。

ファニーボーンの痺れが永続的に続いて狼狽した今朝。
「わたし,またすてられちゃうの?」はは,まさか(汗)
Kylee-missing
•DTC2-JP031~DTC2-JP060迄 [続きを読む]

クロニクルII混沌の章で宝探し×2

遊戯王DUEL TERMINAL -クロニクルII混沌の章-適当考察2回目です。
友人達はもう何度かチャレンジしているようで,
《ドラグニティナイト-ゲイボルグ》や《ジュラック・タイタン》の出現情報が届いています。
やはり,なかなか狙ったものを入手するのは難しいようです。
釣果がボウズとなるのは仕方がないことなのかもしれませんが,
例え外道であっても,出てきたカードに運命を感じて,DTテーマデッキを組む人が増えればよいですね。
出回る数が増えれば入手難易度は下がるでしょうし。
あるいは,新たな使用法の模索であるとか。
……そろそろ実際にお金を投入してみたいです。
初期ジェネクスが弱いのではなく,バードマンが有能過ぎたのです
ゆず-嗚呼、青春の日々
•DTC2-JP013~DTC2-JP030迄 [続きを読む]

クロニクルII混沌の章で宝探し

遊戯王DUEL TERMINAL -クロニクルII混沌の章-が絶賛稼働中です。
人気カード高額カードの再録が多く,連コインしている人も少なくないようで。
しかし,欲しいものは大抵レアリティが高いものでして
低レアリティであったとしても全120種から狙い撃つのは至難の業であります。
噂では《ラヴァルバル・チェイン》《ダイガスタ・エメラル》《セイクリッド・プレアデス》を目指した結果
見当外れのテーマカードばかりが排出され,枕を濡らす人が後を絶たないとか。
そこで,適当ではありますが,クロニクルIIのカード考察をしてみようと思います。
不要なカードを引き当ててしまったとしても,使ってあげられるようにしたいものです。
温故知新かつフロンティアスピリッツに満ち溢れた決闘者が目標ですね。
魔轟神のブルジョア振りは凄かったですね。最後に決闘したのはいつだったか……
C-999-3年間の雨宿り
•DTC2-JP001~DTC2-JP012 [続きを読む]

過ぎしあの日の【高等リチュア】

遊戯王は遊戯王でも,原作のカードゲームは別物で,完全に俺ルールがまかり通りそうな
怒涛の超展開の連続ですが,あれはあれで楽しそうな気もするのです。
今でも結構記憶に残っているものですよ。
《岩石の巨兵》で《魔性の月》を攻撃したり,《闇晦ましの城》の浮遊リングを破壊したり。
「シーステルスverII」とか《砦を守る翼竜》の回避率35%!とか。
迷宮兄弟との決闘もバラエティに富んでいて面白いです。
今の漫画やアニメでやったら苦情殺到なのかもしれませんが。
時代は変わってしまうものですから。

そして,時代の変化に追いつけないプレイヤーとカード達。私のことですけれども。
懐かしき【高等リチュア】のおはなしです。
悪の魔法使いしてるエリアルさんも素敵です。この頃は皆ハンデス優先で,きっと寂しがっていますよ
ランクヘッド-夏の匂い [続きを読む]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。