エイセイ的なブログ ~遊戯王他日記~

2012年05月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

【忍者ラギア】取説

いや今更そこそこメジャーなデッキの解説とかされても……と思われそうですが,予告通り解説です。
相性の良い悪いがはっきりしているので,その地域の流行に合わせて構築を変える必要はありそうですね。
ちなみに,私の地元ではハイビート系のデッキが流行っていたので,一応それを意識しています。 [続きを読む]
スポンサーサイト

【忍者ラギア】

【忍者ラギア】。
大会で勝った時のものとはまた少し変わっています。

彼こそが本当のHEROだ
[続きを読む]

非公認結果

アイスが美味しく食べられるような陽気になってまいりました。
可愛らしい猫達の日向ぼっこが見られて眼福,眼福。

さて,今日は非公認大会に参加してきました。
記憶が混濁しているので,試合経過についてはあまり詳しく書けない上に間違いが見られるかもしれませんが,ご了承ください。
その結果は…… [続きを読む]

揺れる裁定秤

《イリュージョン・スナッチ》の裁定についてです。
決まったと思えば確定ではない感じもして,面倒な。
[続きを読む]

VJ EDITION7考察

追記より,前回書いた通り,新しく出ていた(もはや数日前ですが)カードについての考察めいたことを書きます。
拙い考察ですが,面白かったら笑ってください。
失笑物でも,くだらなかったら笑ってやってください。 [続きを読む]

復帰+10000です

おかげさまで病の淵から生還することができました。
ご心配かけて申し訳ありませんでしたー。
これからもりもり更新していけたら良いなーという願望を持っています。

続けて,おかげさまでアクセスが初の五桁に達しました。
見てくれている方がおられることは嬉しいことです。
相変わらずご愛顧のほどお願い申し上げます。

次の記事からは新カードの考察めいたことをやっていきます。

近況

Vジャンプに載っている新カードの情報が出ていますね。
おもしろい効果のものもあるのでそのうち考察めいたことでもやろうと思います。
はたしてどこまでいけるのでしょうか。

本来ならこの記事の前にサイレントソードマンと【ブレード】を組み合わせたデッキを載せるはずだったのですが,あまりに安定しないので中止としました。
【サイレントブレード】。
回ると楽しいのですが,この事故率は笑えません。
デッキとして成立するくらいになったら載せるつもりですが,いじればいじるほどうまくいかなくなっていく感じがします。
一瞬の閃きが欲しいのです。
もうちょっと。

【マドルチェ】に関しても未だ調整中です。
なかなか納得のいくものに仕上がりません。
強さを求めればバランスが崩れ,使いたいカードが使えなかったりする本末転倒。

《ライトレイ ギア・フリード》を何とか使えないか思索中。
かなりとっつきにくいカードですが,扱いによっては化けそうな気もします。
《トレード・イン》対応ですし,魔法罠無効効果の強力さは《真六武衆-シエン》が示してくれています。
あちらは出しやすさと身代わり効果があってこその強さですけれども,ステータスではこちらが上です。
実験的に《異次元エスパー・スター・ロビン》と絡めたり。
手探りで構築していくのも楽しいですし,マイペースで。


更新ペースが……。
言い訳をさせていただきますと,現在少々体調を崩し気味です。
全快次第,遅れを取り戻していく予定ですのでどうかご容赦ください。  ではでは [続きを読む]

【原初の種】

《原初の種》が使いたくて組みました。
《Primal Seed》。 [続きを読む]

予定予告

そのうちにしばらくぶりのデッキ掲載でもしたいと思っています。
何にするかは未定ですが。
何が需要あるか分かりませんし。
まともに戦えるものなら【墓守】とか【カオス】とか。
ファンデッキなら【60枚ハイランダー】とか【神】とか。
【サンダーバード・コントロール】とか【転移TG】とか。

残念なほど遅筆なので気長に待ってやって下されば有り難いです。

大会上位デッキ考察 後

やはりナウシカは名作ですね。
涙腺が……。

後編です。
[続きを読む]

大会上位デッキ考察 前

ここのところ都合上時間が取れずに更新が遅れてしまう事が多く申し訳無い気持ちであります。

最近大規模の大会が各地で行われ,その結果が続々と発表されております。
今回はその中で気になったものを紹介させていただきます。
URL先は遊戯王☆カード検索さんのデッキ詳細です。 [続きを読む]

神は死んだのか

天敵の《氷結界の龍 トリシューラ》が檻に入った為,より突破されにくくなったはずの《オベリスクの巨神兵》+《ハードアームドラゴン》の組み合わせ。
うまく決まれば虫も竜も怖くないのですが,如何せん難しいのが現状です。
神を上手く扱えるデッキは何でしょうね。 [続きを読む]

混沌難航

公認大会に一緒に出ようと誘われましたが,用事があった為行けませんでした。
友人には行けない代わりにと,サイドデッキ用の《増殖するG》3枚を貸したのですが,活躍したのでしょうか。
偶に【ゼンマイハンデス】が出没するお店なので,対策をしておきたい気持ちは痛いほど分かります。
【ラヴァル】か【ギアギア】で参加するらしいですが,出るからには良い結果を残してきてほしいものです。
明日には結果が聞けるはずなので。

『開闢双破斬を叩き込むには』の記事で書いたように《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》を使ったデッキを色々試しています。
せっかく手に入れたのに全然使っていないのですから,勿体無いです。
使っていて際立つのは《H-C エクスカリバー》との相性の良さです。
《機甲忍者ブレード・ハート》には不可能な素材2枚の取り除きができる点で墓地にモンスターが必要になる開闢と上手く噛み合います。
相手の場にもよりますが,3000の二回攻撃と4000の直接攻撃が成功したならば,多くはそのターンでケリを付けることができると思われます。
【カオス忍者】では展開しやすい《忍者マスター HANZO》《成金忍者》がそれぞれ闇光属性であるので,《忍者マスター HANZO》でサーチをしつつ《H-C エクスカリバー》を作成,効果を発動し墓地に落ちた2体から開闢を作り出すことが可能なのが良いですね。
しかし,先の記事でも話題にした伏せカードの攻略が何よりも重要になります。
【忍者】にはそこまで伏せ除去のカードのスペースを割くことは難しいですし,ただでさえ開闢に依ることでバランスの歪みが生じやすいものに新たなカードを捻じ込んで手を加えていくのは結構な難易度です。
そこそこ強い,から抜け出すためのもう一歩が必要なのですよね。
【サンダーバード・コントロール】の時も似たようなことを書いた気がします。
今の所,一番戦いやすいのは忍者型なのですが,《次元合成師》を用いた型も強くて面白かったのでこの2つが有力候補です。
【カオスドラゴン】も強いですが,パーツが全く揃っていないので今から集めるのは少々億劫になります。
面倒臭がってはいけないのでしょうけれど,一先ずはこのように。
何も組むデッキが無い時は暇になってしまうので,多少時間がかかりそうでも目指す目標があるだけ良いです。

遊戯王“他”日記と題しているわりにほぼ遊戯王のことしか書いていないことに今更気が付いてしまったので,遊戯王の記事の邪魔にならない程度に日々の本と音楽についても書いています。場所はプロフィール欄です。本については今読んでいるものを,音楽については記事を書く際にランダム再生で流れた曲を載せます。どちらも基本的におすすめのものしか載せないので興味を持って下さる方がいらっしゃたら是非読んで,聴いてみてくださいね。

HEROの伏せ破り

皆さんは今の環境,セットされたカードに対しどのように行動しているのでしょう。
HEROには伏せなど効かぬの一点張りで困っております。 [続きを読む]

バーン

ひょっとして【チェーンバーン】で勝てたりするんじゃないかと思い立ち,昔崩した時のカードの寄せ集めで作った【チェーンバーン】で相手の許可をとってから勝負を挑んでみると。

まず【インフェルニティ】には先行オーガドラグーンやバリアの前に何も出来ませんでした。
次の【HERO】にはサイクロンナイトショット三積みで割られまくりでした。
次に【六部衆】からは真シエンやパルキオンでほぼ完封。
続いての【暗黒界】戦では魔デッキでかかしを叩き落され,グラファビートの前に撃沈。
最後の【剣闘獣】にはギリギリで勝てました。

……思ったより勝てないものです。
この調子では【甲虫装機】や【聖刻】にも敵わないのでしょうね。
とにかく勝てなくても使い続けてみます,いつか勝てるように研究を重ねて。
知人に【ガーディアン】を使い続けるとある決闘者がいましたが,今も使い続けているのでしょうか。

開闢双破斬を叩き込むには

制限解除された当初は“よくもこんなキチガイカードを解除したな!”と騒がれた《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》。

しかし現在では使用率が随分と下がってきているようです。
お手軽な召喚条件,高打点,強力な効果,光属性戦士族というハイスペックなカードが使われなくなるとはまさに世紀末。
ヤタロックや混沌帝龍やマキュラが現役の頃に比べればまともだといえますが,そもそも天秤にかけるべき相手ではないと思います。

【スタンダート】系デッキ自体が時代遅れなのかもしれません。
デザイナーズテーマのコンボでぐるぐるが上位を占めていますから。

それでも,きっと上手く使いこなせたならば,開闢は表舞台に返り咲くはず。
混沌軍は永久に不滅です。

以下,開闢が煌めくデッキについてアレコレ。 [続きを読む]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。